2019年06月11日

墨絵アートてぬぐい〜2019春夏・藤・山吹・八重桜

日本の花と歌シリーズ、春から初夏の新しい作品をお納めしました。
前回記事のスケッチから、山吹八重桜の三花を作品化しました。

【八重桜】
いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな 〜伊勢大輔 百人一首

やえざくら.jpg

見た目に麗しい桜です。こちらは奈良公園で見かけた八重桜から。
写真では伝わりませんが、豪華な雰囲気を醸す工夫を入れています。


【山吹】
山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに行かめど 道の知らなく 〜高市皇子 万葉集

やまぶき.jpg

明日香村万葉文化館の庭園で見つけた山吹から。
八重山吹が華やかでしたが、歌の雰囲気から一重にしました。
個人的にはかな書も含め最もシンプルに構図がまとまった佳作ではないかと。
飛鳥・奈良時代の出来事に詳しくなると、悲劇の皇子や姫の歌は必ず入れたくなりますね。

【藤】
恋しけば 形見にせむと わが屋戸(やど)に 植ゑし藤波 いま咲きにけり 〜山部赤人 万葉集

ふじ.jpg

萬葉植物園の藤苑で取材した藤より描きました。
さすが藤は絵になりますねぇ。
砂ずりの藤と鹿をあわせた長物(てぬぐいサイズ)を構想してます。

花に関する詳しい内容は、こちらの記事をご覧下さい。
おでかけスケッチ〜嵯峨野・嵐山/春の花々〜桜・山吹・藤・躑躅


すっかり季節の花々にはまっている今日この頃です。
最近ようやく荒れ果てていた庭を手入れして、少しずつ花を植える試みを始めました。
手元に置いて毎日観察したら、もっと花の事が分かり、美しく描けるはず。

昔の絵師は、師匠に弟子入りしたら「何でもかんでも描くんじゃねぇ、まず一つのものを極めろ」と諭されたそうで。
私も先ずは、花にじっくり向き合ってみたいと思い、始めました(といってもまた花で目移りしている次第)

観察すると、花々にはひとつひとつ特長があります。それをどう抽出して美しい形に造形するか。
また、画面にどうレイアウトすれば美しく映えるか。
花は単純でシンプルだけど、工夫次第でいくらでも広がりが出せる、とようやく実感するようになりました。

いや、そもそも和歌の書だけ取りだしても、どこで改行するか、どの文字を漢字にし、仮名にするか。
ひと文字の配置、変形具合、前後のつながり、行間・字間。
さらに濃淡や、滲みと掠れのコントラスト、と表現の幅はとっても広く、墨一色でも十分楽しめます。

それに、鮮やかな花図との対比や構成があるのですから、たかが花と和歌というなかれ、奥深いものがあります。
これだけで十分、描写や構成の学びになりますので、龍やら侍やら描くのはまだまだ早かったようですね。

ところで、庭の雑草たちは非常に生命力が強く、刈り取っても数ヶ月でまた勢力を伸ばしてきて驚きです。
この世で一番生命力が旺盛なものは植物というのも納得、数百年〜千年生きる木樹もあるといいます。
一方花々は水がないと直ぐに枯れ、手入れ次第では花も付けないという繊細さ。
スケッチする暇がないうちにあっという間に萎んでしまう…なんでしょうこの両極端。


【和歌について】
まだ和歌の世界は入門ぐらいのものですが、万葉集などの古代の歌と、百人一首の平安貴族の和歌では随分趣が違うと思い始めました。
万葉歌人の頃は、中国の教養をお手本に、歌も公式行事のようなかしこまった感があるものが多い印象ですが(庶民の歌は別)
平安時代は、中国の影響が薄れた国風文化の時代、仮名も生まれ、和歌そのものも洗練され、技巧に優れ、バラエティに富んだものが多い印象です。

このblog的に例えると、万葉の時代は、昭和初期の歌謡曲フォークのような素朴さ。
平安時代は、1980年代の歌謡曲黄金時代のように、それまでの積み重ねが文化として花開いたかのようです。
つまり額田王美空ひばりなら、紫式部ユーミンで、小野小町松田聖子ということですね(´ω`)

それはともかく、背景を知るほど、作品に書く和歌は奈良に縁の深い万葉集より選ぶことが自ずと増えてきました。
しかしながら万葉集は、万葉仮名のイメージ。平安時代に完成されたというかな書風に書くのはいかがなものか、と思ったりするのですが…。
視覚的な美しさを優先して、今はこのスタイルで。恐れながら額田王には十二単を着て頂きます
(尚、墨絵アートてぬぐいにする時点では変体仮名は極力使わないようにしています)

次は初夏のきらやば☆な花々を描きたいな。


春にお納めした早春の花々。
墨絵アートてぬぐい〜2019春・桜・桃・乙女山茶花・水仙


前回お納めした「令和」の作品
墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜

墨絵アートてぬぐい〜令和染め

染めの質感は心引かれます。またやりたいなぁ。



来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。
最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2019年05月23日

墨絵アートてぬぐい〜令和染め

令和〜新しい時代を迎えました。
何かが変わった実感はまだありませんが、少しでも良い未来がくるよう頑張ってやっていきたいと思います。

さて、ただ今「墨絵アートてぬぐい」の棚は、お陰様で令和一色となっております。
この春に新時代の到来、しかも万葉集由来の元号という非常によい主題を頂きましたので、様々なバリエーション展開を試みております。

令和_銀字.jpg

今回、初めて染めを取り入れてみました。

令和_金銀文2.jpg

素朴なムラがでるよう手染めで仕上げ、漢文を描き入れました。

令和_銀字2.jpg

特殊な顔料ですので、光のあたる角度により雰囲気が大きく変わります。
変化の具合もお楽しみ下さい。

令和_梅.jpg

こちらは令和の基になった「梅花の宴」より。
紺のグラデーションを薄く引いて、梅と漢文を入れています。


【奈良と万葉集】
奈良をテーマに作品作りを進めるうちに見いだした「万葉集」少しずつ勉強しております。
万葉集の舞台となった三つの都〜飛鳥京・藤原京・平城京はいずれも奈良県。
飛鳥と斑鳩の里、藤原京と大和三山・當麻と二上山などが身近にあり、世界遺産の奈良公園・古代ロマンの桜井・天理、神秘の地・吉野も少し足を伸ばせばいつでも行けたりします。
そんな身近な土地の魅力を教えてくれる最適なガイドが「万葉集」とはなんと贅沢な事よ。

おおらかな古代の歌、雅で風雅な世界をそこに求めていたのですが…壬申の乱前後の、どろどろとした政争(天智系VS天武系の血族抗争)でなかなか憂鬱な気分にさせられてしまいました。(やっぱこういうの苦手でぷるんす・戦国や幕末の英雄譚が恋しい)いやきっとまだ色々あるのでしょうね…。


よざくら.jpg

こちらは墨染めの「夜桜」水墨のやわらかいムラのある黒です。
こちらも光の具合で、和歌が浮かび上がります。

染めは以前から試してみたい技法でした。
自然が作る偶然のゆらぎ…水墨画や陶芸などにも通じる、作る喜びを感じます。


さて、先日は恒例春の遠征スケッチで、嵯峨嵐山へ。
雅な船遊びが再現された三船祭と、古風な鳥居のある神社へ行って参りました。

嵯峨嵐山01.jpg

また、春日大社 萬葉植物園 藤苑の満開は見事な物でした。
葛城山のツツジも…それら春の花々を作品化したいと思っております。夏が始まるまでには…。ご期待ください。

190522_ふじ.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/

令和_コーナー組.jpg


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


前回の作品→墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜



月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2019年04月21日

墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜

間もなく年号が「令和(れいわ)」に変わりますね。
2018年、というか平成三十一年は四月を以て終わり、五月一日より令和元年です。
私は昭和生まれですが、平成を経て、また新たな時代の始まりを体験できるのは感慨深いものがあります、大げさかな。

そこで、令和をお迎えする墨絵アートてぬぐいを作りました。

令和〜梅.jpg

先月試しに描いたものが好評で、皆さまに求められていると思いましたので、いつもより多めに作っております(染之助染太郎風に)

令和〜桃.jpg

春を告げる花々〜梅・桃・桜と共に「令和」が暖かく良い時代になりますよう。

令和〜桜.jpg


そして、これがあれば、あなたも内閣官房長官

令和.jpg

こちらは、より素朴な一枚。
晒に直接書いておりますので、独特の風合いになりますが、まぁ味わいと思っていただければ…。

これらをお部屋に飾れば、気分はもう「令和」ですね!


令和の由来につきましてはかなり話題になっており、皆さまもよくご存じの事と思いますが、ひとつだけ。
「令」の二つの字形、公式見解でどちらでも良いということですが、今後どちらかに定着するのか混在するのか予想ができませんので、両方作っております。

新元号発表で掲げられた墨書は、明朝体に近い字形でした。
フォントでお馴染み「明朝体」ですが、その名の通り中国で明代から清代にかけて成立した書体だそうです。調べてみると日本に明朝体が広まったのは近代の活字のようなので、墨絵アートてぬぐいがテーマとする奈良時代などの古代においては、手描きの令(楷書体)が相応しいのでしょうね。

令和〜梅桃桜2.jpg

というわけで、こちらは、「令和」の典拠となった「万葉集」より。

「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された

《原文》初春令月 氣淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香
《書き下し文》初春の令月(れいげつ)にして、気淑く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す
(Wikipediaより抜粋引用)



出典は大伴旅人の「梅花の宴」ということですが、とりま(とりあえずまぁ)梅・桃・桜で(´ω`)

開花時期が微妙に違う、梅・桃・桜の揃い咲き、いわば春の夜の夢の競演。
例えるなら、名曲「万葉集」の一節を、春の三大歌姫、梅・桃・桜がカバー・featuring令月、によるビューティフルハーモニー(令和)といったところですね、よくわかりませんね。

令和を奉祝する作品は、おめでたい絵柄でまた作成したいと考えています。

令和〜梅桃桜.jpg


来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい

朱鳥.jpg


さて、待望の春がやって参りました。花々が一斉に咲き始め、私のテンションも右肩上がりです。
今年は奈良公園や明日香で春の花々をしっかり取材しました。山桜、八重桜、山吹、石楠花、藤…作品化していきたいと思いますので、お楽しみに。


前回の作品→墨絵アートてぬぐい〜2019春・桜・桃・乙女山茶花・水仙

最後に、「令月」は「よい月」という意味だそうで…「月与志」の時代がついにやってくる☆きらヤバだぜ!


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい