2018年12月05日

墨絵アートてぬぐい〜龍田川紅葉

竜田川紅葉.JPG

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり〜能因法師

先日、葛城山に登ってきました。
舞い落ちた色とりどりのが敷き詰められた道は素敵でした。

頂上にたどり着いたら、紅葉の木々、すすきの草原と、遥か彼方の雲海が眺められ気持ちよかったです。
この感動を絵に表現して作品づくりに生かしたい、と思い構想を練った作品です。

えーぶっちゃけ三室山には登ってませんw
ですが「千早ふる 神代も聞かず 龍田川〜」と詠んだ在原業平も現地を訪れてない(屏風に描かれた紅葉を見て詠んだとか)そうなのでまぁいいでしょ(´ω`)←いいかげん


181114_楓蔦.jpg


「三室山」「龍田川」は「紅葉」の歌枕なので、イメージの世界ということで。
とはいいながらご近所ですしね、またいずれ竜田川へ紅葉狩りに訪れてみようっと。

伏見稲荷_2.jpg

秋のおでかけスケッチで、伏見稲荷神社を訪れました。
伏見稲荷は子どもの頃から知っていたけれど、訪れたのは初めてで、なんと山頂にあるとか知らなかった。
ちょっとした登山になってしまいスケッチどころではなかったのですが。

伏見稲荷_1.jpg

登頂後なんと、この数年煩っていた症状が治りまして!ありがたい御利益があったのか、たんに運動不足が解消されたからか、とにかくプチ登山に目覚めた、というわけです。

それに山中では木々花々を沢山鑑賞できますしね。
葛城山も、春はつつじ・片栗の花・ショウジョウバカマが楽しみです。


この秋は「秋の七草」を写生しておりました。
おでかけスケッチ〜秋の草花

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿


181112_くず.jpg

秋の七草のひとつ、(くず・かずら)大和国吉野国栖が名の由来とも。
すすきと共によく見かける草だけど花は葉裏に隠れるように咲くので印象が薄い。
裏見草という別名から「恨み」に掛けた歌が詠まれる。
おなじみ狐が化ける時に頭にのっける葉がくずらしい(由来は安倍晴明の母狐)
根は巨大に育ち、くず餅や葛根湯になる。繁殖力が非常に強く海外では侵略的外来種扱い。
とまぁ意外にエピソードの多い草花でした。身近なのに全然知らなかったなぁ。


181119_あさがお.jpg

秋の七草 最後は「あさがお
万葉集で詠まれた「朝貌の花」は桔梗と目されているようです。
時代によって「あさがお」が指す品種は異なるらしい。
星形の花はとても特徴的、そこから意匠された桔梗紋は美しいですね(明智光秀で有名)
風船のようなつぼみから英名はバルーンフラワー。白色や桃色もあり。
愛好家が多いのでしょう割とよくみかけるのですが…絶滅危惧種なんですね。

とりあえず、秋の間に七草スケッチが終えられてよかったよかった。絵づくりにとても役立ちます。


山上憶良が詠んだ秋の七草に因んで、毎回和歌をへたっぴながら書き添えて練習していたのですが。
和歌かな文字の雅な世界にちょっとハマってきました。

日本において「文学」の中心はいつも「和歌」だったのです。
「雪国」でも「坊つちやん」でも「源氏物語」でも「ノルウェイの森」でもなく、五・七・五・七・七にあらゆるこころを織り込んだ短い詩、和歌こそが日本人の文学だったのです!
ぎゅーんと言魂がしゃうとするのです!

えーむちゃくちゃ言ってますねwまぁでもそれぐらい目から鱗だったってことですわ。

奈良に都があった時代の「万葉集」では、じつはまだ日本語を表す文字がなかったので、中国由来の漢字をあて字に使っていたとか。
これがいわゆる万葉仮名とか「変体仮名」ヘンタイすぎてわたしのような凡人には読めませんが、そこから発展して「かな」という独自の表記文字が生まれたというわけです。

日本独自の文化が熟成されたという平安期に生まれた「かな」や、「和歌」(やまとうた)は、「大和絵」(やまとえ)と同じく、日本独特の美意識の源泉なのだろうと思うと胸アツわくわくしまする。
という意味不明なモチベーションを持って、来年の墨絵アートてぬぐいはより雅にいきたいなぁ。

朱美鳥2.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


181203_さざんか.jpg

花枯れる季節の今、驚くほど花盛りなのが、さざんか。
よく見るとバラのような豪奢さもありますね。
椿とほとんど見分けがつきませぬ(´ω`)

冬は梅、そして春の桜を描くのが今から待ち遠しいです。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2018年11月11日

墨絵アートてぬぐい〜龍虎図・黄金の風

金龍拡大.jpg

白虎拡大.jpg

欠品しておりました龍虎図を新たに納品しました。
けしてお安い訳ではないのですが…龍虎セットでお求め頂いているのはありがたいです。
定番として磨きをかけていきたいと思います。

前回の朱×墨はちょっとどぎつかったwので、今回は金色を使ってみたところ、とても上品に収まりました。
光り輝く金から墨までのグラデーションというのはなかなか魅力的ですね。
よい発色で使えるよう工夫していきます。

鳳凰や麒麟などの霊獣も構想してはいるのですが、まだまだ描き込まねばできませんねぇ。

沢山の方に見て頂けるよう奈良風景も欠品分を納め充実させました。
紅葉が美しい秋の奈良へ、墨絵アートてぬぐいもぜひご覧下さい。

正倉院展も…明日で終わりですなぁ…メガめちょっく!
というわけで、次は新年を迎えるおめでたい画題で描きます、お楽しみに。

紅葉は今が見頃ですね、山奥を散策したいなぁ。
木々や花草を注意深く見るようになったら、普段歩く道でも十分楽しめますが。
庭先やちょっとした空き地にも草花はおりますからね。

今日はコンクリートで固めた隙間に、根を張って咲いている花に目が留まりました。
花壇とか、いってみれば華やかなステージで咲く花ばかりではなくて、
こんな誰の目にも止まらない場所でも、懸命に咲いて命を全うしようとする存在がある…
なんだか自己を重ねてそんな事を感じてしまいました。

そう、この月与志にも譲れない夢がある!
私も「黄金の風」を吹かせたい(´ω`)という願いをこめた龍でした。

金龍俯瞰.jpg

白虎俯瞰.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2018年11月05日

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき〜猿丸太夫

鹿_2.jpg

秋晴の日はいつもの公園にスケッチへでかけます。
春は花盛り、夏は緑が生い茂っていたのが嘘のように、今は寂しい風景でした。

そう、寂しいのですが、葉の落ちた枝に少しだけ残る紅葉の佇まいがまたなんとも良い、と思えたり。
冷たそうな池を泳ぐ水鳥、寒空にすすきが広がる風情に響きわたる鳥の声。
そんな中みつけた、一輪だけぽつんと咲いている撫子に、ちょっとしたときめきを覚えたり。
寂しい光景にもなんとも不思議な感動があるものですねぇ。

181023_なでしこ.jpg

自然の中で感じたものは心の中にあるもので、いくら撮っても写真には映っていません。
心で感じた感動を表現するのは、やはり絵描きの仕事なのでしょう。
そんな事に思い至った今年の秋。

鹿_1.jpg

ちょっと良い絵が描けました。
鮮やかだけど、秋ならではの寂しさ、わびしい風情を心に留めて表現しました。
今までの私の作品に無かった、そして目指していた理想の絵にようやく足を踏み入れたという喜びがありました。

これは今年始めた花の写生や、この数年続けている野外スケッチがようやく身になってきたのでしょう。
おでかけスケッチ〜秋の草花

何が嬉しいかといいますと、この数年、地道に努力し続けてきたことがようやく実を結んできたように感じるからです。

思えば墨絵を描き始めた頃は、ビギナーズラックで色々注目されたのをいいことに…
やれ墨絵ライブパフォーマンスだ、墨絵師ライブ早描きだとか、故きを温ね新しきを創るだとか、大胆さと繊細さの融合とか、なんともイタイ事を言ってのけたり、
あまつさえ伝統ある書道大会に乱入してトンデモ書道を披露したり、ネット生中継で恥ずかしいトークを垂れ流したり…駆け出しの怖い物知らずといいましょうか、今となっては黒歴史でしかありませんw

まさに中二病乙!墨絵アーティストから脱して、もう少しまっとうな絵描きになりたいと志し、この数年は外遊を控え、絵の基本に向き合い、古典を学ぶことに専念しております。
その成果がようやく僅かながら身についてきたことが嬉しい。ほんと地味な変化ですが、学問に王道なし、芸事に近道なし、急がば回れ、と申します。

かつての月与志を知ってくださっている皆さまに言いたい、いつまでもヘタクソとおもうな、よ!(´ω`)

まー自分はそんな真面目な性分ぢゃないと思ってたのですが…やはりこういうのが本当だとおもうので、真面目にこつこつやるのも悪くないなぁと。
まぁまたそんな機会が来たらたまにはアホな事してもいいのかもね、そもそもまだ、へたっぴですしねぇ。

ところで、今回の絵に描き入れた「秋の七草」

181030_おみなえし.jpg

おみなえし〜女郎花
黄色の小さな花が愛らしい。古典の秋主題画に必ず出て来ます。
秋の七草を知ると、日本美術が身近なものになりますね。


181105_おばな.jpg

すすき〜尾花・薄
十五夜のお月見で萩と共におなじみのすすき。秋になると何処にでも目にします。
藤袴や女郎花はほぼ目にしませんが…すすきは文字通り根強いのですね。
かつては(かや)と呼ばれ、茅葺き屋根に使われていたとか。


鹿スケッチ.jpg

奈良をテーマに描きながら、今まで描けなかった鹿。
鹿が何故人気なのか…描いてようやくその特長を掴みました、魅力は…美脚にありw


朱鳥.jpg

墨絵アートてぬぐい、お陰様でこの秋も好評です。
絵を納めに奈良市内に出ましたら、驚くほどの人出。正倉院展と観光シーズンで多くの方に観て頂ける機会です、随時補充しておりますので、奈良にお越しの際はぜひご覧下さい。

墨絵アートてぬぐい〜2018秋の作品

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい