2015年11月02日

童謡の里 安芸 〜弘田龍太郎ものがたり ムービー



【弘田龍太郎物語】2012年制作の紙芝居
制作/安芸商工会議所女性会
協力/高知県安芸市立歴史民俗資料館
絵と文/武知 剛
安芸商工会議所女性会 創立20周年 弘田龍太郎生誕120周年 記念事業(2012年 春)


安芸商工会議所女性会さまが、安芸市出身の作曲家、弘田龍太郎の生涯を描いた紙芝居を50部制作し、市内の保育所や小学校、図書館などに寄贈。その絵と文を担当しました。紙芝居を、興味を持って見てもらえるように、人物に共感してもらえるように、そしてなにより、子ども達の心にずっと残る感動があるように、絵とお話に工夫を凝らしました。

紙芝居制作「童謡の里 安芸 弘田龍太郎ものがたり」

制作より随分と時間が経ちましたが、この度、朗読付きの動画を制作しました。
弘田龍太郎の物語が広く伝わり、後世に残りますように。

先日他界されました、安芸商工会議所女性会 会長(当時)に改めて御礼申し上げます。
「 弘田龍太郎ものがたり 紙芝居は、安芸市の財産として子供達や様々な年代の方達にも、素晴らしい贈り物となったと自負しております」とおっしゃっていた事が大変嬉しく、心に残っております。
誠にありがとうございました。

弘田龍太郎紙芝居.png

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 14:41| Comment(0) | 紙芝居・郷土物語

2012年07月16日

私部城跡〜交野市歴史ウォーク

故郷 交野市の歴史ウォークに参加しました。
子どもの頃に慣れ親しんだ、あの道、あの場所を、歴史的観点から再発見。
交野古文化同好会 交野歴史健康ウォーク報告

120714_03.jpg

日本最長の門長屋、代官屋敷。


故郷交野市に、奈良に縁の深いものが色々発見できました。
2011年に、奈良の歴史名所巡りに邁進して、古文化に多少理解が在ったお陰です。

120714_01.JPG

地元民にはおなじみ住吉神社。
こちらの社殿は、江戸時代に奈良春日大社のものを譲り受けたものだそうです。
春日造りの住吉さん。

120714_02.jpg

大峰山参りの記念碑でしょうか。

その他、東大寺二月堂を祀った祠が道の要所に建てられていたり、
大和の国 郡山へ続く道があったり、など。


さて、こちらは私部城跡。
府下では珍しい平野部に築かれた城です。

120714_04.JPG

私部城は室町時代に豪族畠山氏の家臣・安見氏が築いたといわれています。城は本郭・二郭・三郭からなる主郭と周囲の副郭で構成されています。
私部城跡 詳細


120714_05.JPG

私部城 今は名のみ 城の址


120714_06.jpg

最近ではこの城跡の重要性が認められて、国の指定史跡に向けた調査が始まっています。
故郷のこの史跡が、観光客が訪れるような場所になれば。

多くの人に知ってもらう「私部城物語」が構想されており、
私も絵描きとして力になりたい!と思っています。


月与志site http://tsuyoshi-jp.sakura.ne.jp/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 11:47| Comment(0) | 紙芝居・郷土物語

2012年07月08日

交野郷土史かるた・森本順子先生とお会いしました。

引き続き交野のお話です。

地元交野には、墨絵で郷土の風景を美しく描いた、私の中でも思い出に残っている逸品「交野郷土史かるた」があります。
先日、帰郷中偶然にも、その絵を描かれた森本先生が30年ぶりにオーストラリアから帰郷されるとの話を聞き、
ぜひお会いしたいと思い行ってきました。

森本順子先生は、交野の中学校で美術教師をされており、交野の郷土を美しい墨絵で描く仕事も残されています。
その原画展が、地元の歴史民俗資料館で開催。

120705_交野カルタ_01.JPG

教え子達に囲まれた中、しゃきっと背筋の伸びた順子先生(御年80歳)がいらっしゃいました。
私は奈良からわざわざ来た墨絵描きということで、お話させて頂き、
恥ずかしながら「弘田龍太郎紙芝居」や近作の墨絵を見て頂き、
がんばってくださいのとお言葉と、皆さんの暖かい拍手を頂きました。

森本先生は、50歳で渡豪後、日本文化を伝える絵本作家として成功されました。
ご自身の原爆体験を絵本にした「MY HIROSHIMA」がオーストラリアの殆どの小中学校に所蔵されているとか。

120705_交野カルタ_03.jpg

その絵本を、この度、広島市と交野市の小中学校へ寄贈するために、30年ぶりの来日を果たされました。
本当に今日お会い出来て幸運だったなぁ。

そして、会場には、交野の歴史遺産を盛り上げていこうと活動されている団体も来られており、
今後に繋がるという幸運もありました。

先生と握手をして頂きましたので、何か、交野での後を継がせてもらった心境です。
頑張りますね!


7/15追記:森本順子先生が朝のnhkで取り上げられているのを拝見しました。
広島市の小学校 体育館で特別授業・墨絵のライブペインティング。
被爆体験と平和への想いを子ども達に伝えていらっしゃいました。
被爆体験未来に…豪在住絵本作家が560冊寄贈


8/10 追記:2012年8月5日 オーストラリアで原爆の犠牲者を追悼するイベントが開かれ、森本順子先生が被爆体験を墨絵で描くパフォーマンスを行いました。
広島で被爆の女性、豪州で追悼の墨絵

後輩の一人として、先生の作品・アクションを心に留め、受け継いでいきたいと思いました。


月与志site http://tsuyoshi-jp.sakura.ne.jp/
タグ:交野
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 21:18| Comment(0) | 紙芝居・郷土物語