2019年01月15日

墨絵de亥年〜猪と猪八戒と水仙

平成三十一年もあけました。おくればせながら亥年の墨絵です。

亥年.jpg

【亥】
普段なかなかお目にかかる事の無い、描くのちと難しかったなぁ。
小さい子供猪にはシマウリ(縞瓜)に似た模様が現れることから「うり坊」と呼ばれているとか(大人になったら消える)そして、牙のあるのは雄です。

日本では古来より身近な食肉として鹿とともに重宝された。猪肉を「ぼたん」といいますが、獣肉食が禁忌だった時代についた隠語だとか(馬肉=さくら、鹿肉=もみじ、鶏肉=かしわ、など)
現代では農作物被害による狩猟、ジビエなどで話を聞くところ。

猪というと「猪突猛進」という言葉がありますね。
がむしゃらな勢い!みないなものしばらく忘れているな、と描きながら思った次第。とりもどさないとね。

ところで、なぜ年に動物をあてはめているのだろうと調べてみたところ、古代中国で時間や方角を表す記号として十二支が生まれ、それぞれの記号に動物名が割り当てられていたのだとか。だから数字と動物に深い意味はない、漢字(亥と猪)にも関連はないそうですよ。

しかしながら意味の無いものに意味を見いだしたがるのは人の常でしょうか。○年生まれの人は性格がうんたら的な話は万国共通のようで、海の向こうの国では、干支によって出生率まで変わる程(人気の干支に子供を産みたい等)

そうそう、本家中国では今年の干支は「豚」なのだそうですよ。
我々からすると意外でびっくりなのですが、むしろあちらが本家、日本の「猪」の方が例外のようです。

猪を家畜化したものが豚。日本では養豚が定着しなかったため、十二支では身近な動物「猪」に置き換えたらしい。そして、中国では「猪」は豚を意味する漢字なのだそうです。

そういえば!猪八戒って豚さんでしたね、確かに。


猪八戒.jpg

【天蓬元帥 猪八戒】
というわけで、今年の干支もう一枚は「猪八戒(ちょはっかい)

西遊記で日本でもおなじみ。江戸時代に紹介されて以降、現代まで繰り返し語り継がれているエンタメの古典ですね。
私的にはやはり西田敏行さん演じた猪八戒のイメージですが(若い世代は悟空と言えばD.B.ですかね?)
中国でも人間臭い(人の欲望に正直な)猪八戒は人気だそうです。

元々は天界で天蓬元帥(てんぽうげんすい)という官職にいたのだけれど、欲に溺れて追放→豚に転生→悪事を働く日々→三蔵一行と出会い改心、仏教を求める旅を助けるイマココ→お釈迦様に将来浄化を約束される・供物の残りを好きなだけ食べられる役職だってうっほ!
…なるほど憎めないキャラですね(´ω`)

むつこいのが続きましたのでw最後は爽やかに、水仙の花など。年の暮れあたりから一斉に花が咲いてきました。

190108_すいせん.jpg

【清楚な冬の花〜水仙】
雪中花、または早春の花とも。花形、葉形とも個性があって描きやすいですね。
中国では仙人を意味する花。寒中に白く咲き芳香を漂わせる事などから、清浄高雅な花として愛され画に描かれたとか。
なんとなく和花のイメージでしたが、シルクロードを経由して渡来。万葉集には登場しない。
原産は地中海沿岸で、ギリシア神話ナルキッソス(ナルシストの由来)に登場する花でした。

「白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花」〜与謝野晶子
でも本当に水仙は派手すぎず清らかで絵になるわぁ、キラやば〜っ☆

というわけで、今年は少し一歩前に出られるよう、猪突猛進を忘れず、がんばります。


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画

2018年03月03日

墨絵deピョンチャンオリンピック〜2018平昌五輪

恒例の墨絵deオリンピックです。

墨絵deオリンピック_01_パシュート.jpg

アスリートのしなやかな美しさ。
その動きを(なるべく)簡潔な墨線で表現する(できるよう努力する)
というのが、今回のチャレンジでした。

墨絵deオリンピック_03_フィギュアスケート.jpg

人の体や、その動き。描くとなるとたいへん奥深く、
まだまだ掴めておりませんが、
これから修行を重ねていきたいと思います。

墨絵deオリンピック_02_スノボ.jpg

韓国で開催されました、ピョンチャンオリンピック
今回も選手たちの活躍に、沢山の興奮と感動を味わいました。

逆境に耐える、タフなメンタリティ。
培った高い技術、強い精神力。
晴れの舞台で最高の結果を出す姿は、文句なくカッコ良かった。

墨絵deオリンピック_05_羽生くん.jpg

もちろん並大抵の努力ではなかったと思います。
この数日間のため何年もただひたすら努力をし続けてきたはず。

墨絵deオリンピック_04_カーリング.jpg

今回も沢山のヒーロー・ヒロインが現れましたが、
注目されるのはほんの一握りで、人知れず悔し涙を流した選手の方がはるかに多いはず。
スポーツ競技は、結果が全ての本当にシビアな世界です。
なのですが、結果だけではない価値があると思うから、私達は惹かれるのかもしれませんね。

どのような結果であれ、自分にプライドを持っている選手はカッコ良く、美しい。

墨絵deオリンピック_06_エアリアル.jpg


オリンピックのセレモニーはいつも楽しみにしています。
その国の歴史文化、そして今と未来を、エンターテーメントも交え華やかに表現していますね。

【月与志のカルチャー夜話 第百十九夜 〜リオオリンピック】
2016年に開催されたリオオリンピックのお話し〜日本選手団とサンバとボサノヴァと閉会式セレモニー



オリンピックを取り巻く色々な事情。
選手達もきっと競技以外に様々な事を背負い、戦っているのでしょう。

その最たるものが、東アジア諸国の外交でしょうか。

南北統一の願いを込めた「統一旗
朝鮮半島の歴史をふり返ると、一言で語り尽くせないものがありますが、
分断された国と民族が、近い将来一つになるよう祈っております。

閉会式で、次の冬季五輪を熊猫(パンダ)が招待してましたね。2022年は北京だそうです。
その前に、2020年は東京オリンピック。確かリオでゲームキャラのマリオが招待していたような…。

どのような東京オリンピックになるのか、注目したいですね。

【月与志のカルチャー夜話 第九十一夜 〜東京オリンピック〜昭和と平成】

東京オリンピックのお話し。新幹線開通、万博、沖縄返還、学生運動…激動の昭和中期をふり返りました。



おっと、その前に2018年は「FIFAワールドカップ ロシア」ですね、墨筆の用意してスタンバイだ(´ω`)

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画

2017年12月28日

墨絵de酉年〜鶏から鳳凰まで

平成二十九年(2017年)もいよいよ暮れですね。
「酉年」ということで、今年は「とり」を描く事が多かったです。

鶏.jpg

鶴松.jpg

酉てぬぐい.jpg

IMG_1596.JPG


鳳凰などの瑞鳥は繰り返し描いております。

鳳凰.jpg

02.jpg

IMG_4476.jpg


正倉院展では唐時代に流行したという吉祥文様より、瑞鳥など。

花喰鳥.jpg
花喰鳥

飛鳥.jpg
飛鳥

墨絵Artてぬぐい出品〜第69回正倉院展始まりました

こちらは、新年におめでたい鷹。

鷹.jpg

墨絵アートてぬぐい 2017年冬

うーんまだまだですねぇ、もっと色んな鳥を描きたい。
雄々しい鳥もよいのですが、ささやかに小鳥、鮮やかにオウムとか。

■2017年をふり返る

今まで全力で取り組んでおりました番組が春にお休みに入りまして、今年は「墨絵アートてぬぐい」を充実させる年となりました。
そこで日本の古典絵画を見直していた所、水墨画の魅力を再発見いたしました。

というか見事にハマっている感じがこの頃の記事にでているかと 笑)

感想:国宝展 at 京都国立博物館〜雪舟にツッコミを入れてみる

思えばこの春はアルフォンス・ミュシャ「スラヴ叙事詩」で大騒ぎして(番組でも盛り上がりました)

感想:ミュシャ展 at国立新美術館

このまま西洋美術に興味が移るかとおもいきや…結局エルミタージュをdisるぐらいで終わってしまいましてw

秋の「国宝展」で水墨画に熱を上げておりました。そして中国古典絵画に開眼です。

感想:国宝展 at 京都国立博物館〜等伯×永徳・牧谿×梁楷 水墨画オールスター祭りだよ!

来年はもっと奥深く探求してみたいなぁ。

あ!「北斎 ―富士を超えて―@あべのハルカス美術館」もたいへん面白かったです。感想はもうしばらくお待ち下さい。
ある意味、葛飾応為が目玉でしたね。
画狂老人卍が最晩年に達した境地は、もうひとりの北斎とも呼ばれている娘の応為の存在で鮮烈に浮かび上がりました。

さて、きたる平成三十年は「」ということで。

ざるかぶり犬.JPG

笊かぶり犬
赤ちゃんのお守りとして愛されてきた張り子の犬だそうです。

今年は犬や、犬に近い四足歩行の動物を描けるようになりたいなと。
それと奈良の風景を「墨絵アート手ぬぐい」で少しずつ形にしていけたらと思います。

平成二十九年末

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画