2020年01月14日

墨絵de子年〜女鼠小僧〜こいつぁ春から縁起がいいわぇ

令和二年もあけました。おくればせながら子年墨絵です。

女鼠小僧.jpg

【をんな鼠小僧〜こいつぁ春から縁起がいいわぇ】

令和貳年 子年の描き初めです。
ゆったりにじむ墨線をお楽しみください。


2019年の亥があんまりな出来だったので…今年は方向転換しました(´ω`)
猪八戒に引き続き、鼠の擬人化キャラでございます。

墨絵de亥年〜猪と猪八戒と水仙


時代劇などでおなじみの「鼠小僧
弱きを助け強きを挫く義賊のイメージですが。

調べてみますと、モデルとなった鼠小僧次郎吉は江戸時代に実在したそうで、大名武家屋敷を荒らした窃盗犯。
義賊伝承はあったものの、実際は賭博で身を持ち崩した盗人ではないかということです。

一方「金に困った貧しい者に、汚職大名や悪徳商家から盗んだ金銭を分け与えた」という伝説から、庶民のヒーローとして語り継がれ、ほどなく歌舞伎にも登場。
石川五右衛門白波五人男もそうですが、盗人悪党でも、その強い存在感で人気者になるのも昔からある事なのですね。
罪人の市中引き回しは当時一種の見世物だった…有名人の鼠小僧を一目見ようと野次馬が大挙して押し寄せた、とありました。死刑制度廃止が時流の現代からするとなんとも野蛮な気がするのですが、人の成す事は今昔あまり変わらないのかも。

明治以降は時代小説、時代劇、映画で、鼠小僧次郎吉は人気の題材となったようです。
そして昭和のTVドラマでは「女ねずみ」が登場。
見た事はないのですが、不二子ちゃんみたいな感じ?

今回は、萌カワねずみに、ねこ耳岡っ引で、新しい令和の鼠小僧のイメージを描く心意気だったのですが、そこはかとなく漂う昭和感はご愛嬌(´ω`)

因に…書き添えた「こいつぁ春から縁起がいいわぇ」はよく聞く決まり文句。
粋な言い回しのおめでたい言葉とおもいきや…盗人がぬれ手に粟で大金せしめたって喜ぶ歌舞伎の台詞でした。

というわけで、新年早々ろくでもない絵を描いてしまいましたとさw



描き初めでは、余興という事で、こういうのも書いております。

イース様.jpg

生死去来 棚頭傀儡 一線断時 落々磊磊
映画「イノセンス(2004年/押井 守監督)でとても印象的だった箴言、

生死の去来するは 棚頭の傀儡たり 一線断ゆる時 落落磊磊
(せいしのきょらいするは ほうとうのかいらいたり いっせんたゆるとき らくらくらいらい)

これは生死に輪廻する人間の有様をたとへなり。棚の上の作り物の傀儡、いろいろに見ゆれども真には動くものにあらず。操りたる糸のわざなり。この糸切れん時は落ち崩れなんとの心なり。〜花鏡

出典は世阿弥の能楽論「花鏡」で、原本は月菴宗光という室町時代の僧の偈文だそうです。


【書の歴史】
昨年は書の歴史を学びましたが、これまた深くて濃い世界です。
日本の古典絵に、なにげなく添えられている書がとても味わい深くて好きなので、今回の墨絵にも書き添えているのですが。

いわゆる「和様書」にも時代により様々なモードがあるのです。
平安時代に一世風靡した王朝風仮名(いわゆる古筆)ばかりが和様書ではなかった。
完成された「上代様」そこから派生した「定家様」、天皇家の書「宸翰様

室町期には水墨画と共に入ってきた禅僧の「墨跡」。
室町・安土桃山は、武家、文化人、僧、町人の自由な書が発展。
江戸期の公用書体は、青蓮院から受け継がれた「御家流」。

さらに時代の節目で中国書のモード(古代の唐様、江戸の漢学の書、明治以降の六朝風など)が流行したり。

日本の「書」のルーツは弘法大師空海だそうですが、その源流は中国の書聖王羲之」楷・草・行書の成立に関わった巨星です。
あの「令和」の典拠になったという万葉集 梅花の宴のモトネタとされる「蘭亭序」は王羲之の代表作だとか。

墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜

中国の書は、和様書とはやはり違うのだけれど、石碑拓本など眼で追うだけでもなんだか魅力的。
書にドハマりする人物が歴史上後をたたないのがなんとなく分かる気がする…危ないあぶないw
個人的に今は、楷書が成立する前の、隷書の面影を残したちょっといびつな書がツボです。

そんな気分で書き初めしましたが、これまた目出たさ雅さとはほど遠い内容w
では、最後にちょっとはおめでたそうな一枚を。

白鳳_3.JPG


こちらは令和の始めの最後の作品。
店頭を飾っております。
こちらで今年の幸せゲットしてくださいませ。

私は今年も地道に描いていきたいと思います。


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画

2019年01月15日

墨絵de亥年〜猪と猪八戒と水仙

平成三十一年もあけました。おくればせながら亥年の墨絵です。

亥年.jpg

【亥】
普段なかなかお目にかかる事の無い、描くのちと難しかったなぁ。
小さい子供猪にはシマウリ(縞瓜)に似た模様が現れることから「うり坊」と呼ばれているとか(大人になったら消える)そして、牙のあるのは雄です。

日本では古来より身近な食肉として鹿とともに重宝された。猪肉を「ぼたん」といいますが、獣肉食が禁忌だった時代についた隠語だとか(馬肉=さくら、鹿肉=もみじ、鶏肉=かしわ、など)
現代では農作物被害による狩猟、ジビエなどで話を聞くところ。

猪というと「猪突猛進」という言葉がありますね。
がむしゃらな勢い!みないなものしばらく忘れているな、と描きながら思った次第。とりもどさないとね。

ところで、なぜ年に動物をあてはめているのだろうと調べてみたところ、古代中国で時間や方角を表す記号として十二支が生まれ、それぞれの記号に動物名が割り当てられていたのだとか。だから数字と動物に深い意味はない、漢字(亥と猪)にも関連はないそうですよ。

しかしながら意味の無いものに意味を見いだしたがるのは人の常でしょうか。○年生まれの人は性格がうんたら的な話は万国共通のようで、海の向こうの国では、干支によって出生率まで変わる程(人気の干支に子供を産みたい等)

そうそう、本家中国では今年の干支は「豚」なのだそうですよ。
我々からすると意外でびっくりなのですが、むしろあちらが本家、日本の「猪」の方が例外のようです。

猪を家畜化したものが豚。日本では養豚が定着しなかったため、十二支では身近な動物「猪」に置き換えたらしい。そして、中国では「猪」は豚を意味する漢字なのだそうです。

そういえば!猪八戒って豚さんでしたね、確かに。


猪八戒.jpg

【天蓬元帥 猪八戒】
というわけで、今年の干支もう一枚は「猪八戒(ちょはっかい)

西遊記で日本でもおなじみ。江戸時代に紹介されて以降、現代まで繰り返し語り継がれているエンタメの古典ですね。
私的にはやはり西田敏行さん演じた猪八戒のイメージですが(若い世代は悟空と言えばD.B.ですかね?)
中国でも人間臭い(人の欲望に正直な)猪八戒は人気だそうです。

元々は天界で天蓬元帥(てんぽうげんすい)という官職にいたのだけれど、欲に溺れて追放→豚に転生→悪事を働く日々→三蔵一行と出会い改心、仏教を求める旅を助けるイマココ→お釈迦様に将来浄化を約束される・供物の残りを好きなだけ食べられる役職だってうっほ!
…なるほど憎めないキャラですね(´ω`)

むつこいのが続きましたのでw最後は爽やかに、水仙の花など。年の暮れあたりから一斉に花が咲いてきました。

190108_すいせん.jpg

【清楚な冬の花〜水仙】
雪中花、または早春の花とも。花形、葉形とも個性があって描きやすいですね。
中国では仙人を意味する花。寒中に白く咲き芳香を漂わせる事などから、清浄高雅な花として愛され画に描かれたとか。
なんとなく和花のイメージでしたが、シルクロードを経由して渡来。万葉集には登場しない。
原産は地中海沿岸で、ギリシア神話ナルキッソス(ナルシストの由来)に登場する花でした。

「白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花」〜与謝野晶子
でも本当に水仙は派手すぎず清らかで絵になるわぁ、キラやば〜っ☆

というわけで、今年は少し一歩前に出られるよう、猪突猛進を忘れず、がんばります。


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画

2018年03月03日

墨絵deピョンチャンオリンピック〜2018平昌五輪

恒例の墨絵deオリンピックです。

墨絵deオリンピック_01_パシュート.jpg

アスリートのしなやかな美しさ。
その動きを(なるべく)簡潔な墨線で表現する(できるよう努力する)
というのが、今回のチャレンジでした。

墨絵deオリンピック_03_フィギュアスケート.jpg

人の体や、その動き。描くとなるとたいへん奥深く、
まだまだ掴めておりませんが、
これから修行を重ねていきたいと思います。

墨絵deオリンピック_02_スノボ.jpg

韓国で開催されました、ピョンチャンオリンピック
今回も選手たちの活躍に、沢山の興奮と感動を味わいました。

逆境に耐える、タフなメンタリティ。
培った高い技術、強い精神力。
晴れの舞台で最高の結果を出す姿は、文句なくカッコ良かった。

墨絵deオリンピック_05_羽生くん.jpg

もちろん並大抵の努力ではなかったと思います。
この数日間のため何年もただひたすら努力をし続けてきたはず。

墨絵deオリンピック_04_カーリング.jpg

今回も沢山のヒーロー・ヒロインが現れましたが、
注目されるのはほんの一握りで、人知れず悔し涙を流した選手の方がはるかに多いはず。
スポーツ競技は、結果が全ての本当にシビアな世界です。
なのですが、結果だけではない価値があると思うから、私達は惹かれるのかもしれませんね。

どのような結果であれ、自分にプライドを持っている選手はカッコ良く、美しい。

墨絵deオリンピック_06_エアリアル.jpg


オリンピックのセレモニーはいつも楽しみにしています。
その国の歴史文化、そして今と未来を、エンターテーメントも交え華やかに表現していますね。

【月与志のカルチャー夜話 第百十九夜 〜リオオリンピック】
2016年に開催されたリオオリンピックのお話し〜日本選手団とサンバとボサノヴァと閉会式セレモニー



オリンピックを取り巻く色々な事情。
選手達もきっと競技以外に様々な事を背負い、戦っているのでしょう。

その最たるものが、東アジア諸国の外交でしょうか。

南北統一の願いを込めた「統一旗
朝鮮半島の歴史をふり返ると、一言で語り尽くせないものがありますが、
分断された国と民族が、近い将来一つになるよう祈っております。

閉会式で、次の冬季五輪を熊猫(パンダ)が招待してましたね。2022年は北京だそうです。
その前に、2020年は東京オリンピック。確かリオでゲームキャラのマリオが招待していたような…。

どのような東京オリンピックになるのか、注目したいですね。

【月与志のカルチャー夜話 第九十一夜 〜東京オリンピック〜昭和と平成】

東京オリンピックのお話し。新幹線開通、万博、沖縄返還、学生運動…激動の昭和中期をふり返りました。



おっと、その前に2018年は「FIFAワールドカップ ロシア」ですね、墨筆の用意してスタンバイだ(´ω`)

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画