2014年02月09日

月与志のカルチャー夜話〜第九夜 〜墨絵×映像ライブパフォーマンス・月と龍

墨絵作家 月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組、
「星の林に月の舟〜月与志のカルチャー夜話(つよしのカルチャーよばなし)
毎月隔週 第1・第3月曜日 20:00〜21:30

第九夜は、時間を1.5倍拡大して、DEERs NARAスタジオより墨絵×映像ライブパフォーマンスをお送りしました。
初の単独・映像MIX型墨絵パフォーマンスです。



月与志のカルチャー夜話〜第九夜 〜墨絵×映像ライブパフォーマンス・月と龍

キーワード:キーワード:てぬぐい・ふろしき・上村恭子・なら花札・円山応挙・電子音楽


各コーナーの詳細は以下です。

1622077_594759037269375_842926080_n.jpg

第九夜の冒頭30分は、DEERs NARAスタジオの設備をフルに使い、初の単独・映像MIX型墨絵パフォーマンスを中継いたしました。

1510756_594766167268662_1616242760_n.jpg

月与志としては、2年ほど前に映像とコラボしましたがソロワークは初です。
マーブリング × 墨絵 × ダンス セッションパフォーマンス公演いたしました

1017402_594766793935266_150747881_n.jpg

「月」が刻々と変化するイメージと、即興で描く龍の墨絵が混ざり合い、ユーストリームの中継を通じてどうお届けできるのか。
ほとんど実験のような初回でしたが、それなりに手応えがありました。

ピクチャ 2.png

ピクチャ 3.png

ピクチャ 1.png

これで、番組を始める時の構想がようやくひとつ形になりました。
そして、いわゆるCGではない、デジタルと墨絵の可能性を探る一歩でもあります。

早速、三月にも第二回目を、お馴染みの書家くず上先生をお迎えして行いたいと思います。
この実験に書が加わると、さらにどうなるか。ご期待下さい。
月与志のカルチャー夜話〜第七夜 〜新春書き初め中継「書×墨絵対決」

<トークパート>
1)てぬぐい・大和ふろしきのご紹介
■てぬぐい
今回着用・実演していたのは、奈良てぬぐいの「朱鳥」さんの、なら筆柄です。

■大和ふろしき花しょうぶ
手軽に美しく包める、奈良で生まれた新しいふろしきのご紹介。

また、月与志墨絵とのコラボレーション商品を、朱鳥さま各店舗で扱って頂いております。
奈良手ぬぐい朱鳥さまとのコラボレーション

2)ならトリエ クロッキーカフェ(第一夜で紹介)に登場した「刀」
居合い術を生で見た驚きの話。

3)墨絵イラストレーター 上村恭子さん
■なら記紀万葉 名所図絵(なら ききまんよう めいしょずえ)
奈良ゆかりの古事記神話を、分かりやすく面白く解説した冊子。
奈良県庁でもらえます。

■絵で奈良を描く イラストレーター 上村 恭子(うえむら やすこ)さん
魅力的な女性や子どもを、豊かな墨線なら墨絵の先輩です。
TVで取り上げられた・なら花札のご紹介。

イラストレーター上村恭子ホームページ〜戯れ童子〜

■橿原神宮書き初め大会「優秀」頂きました。


4)閉話休題
モーグル選手 上村愛子さんの名言
難題のない人生は『無難な人生』
難題のある人生は『有り難い人生』

でした。放送中、あいまいにお伝えしてしまい申し訳ありません。


5)円山応挙の写生図
■円山応挙(まるやま おうきょ)江戸時代中期〜後期に京都で活躍した絵師。円山四条派の祖。

写生帳が素晴らしかった。動物が時空間で変化する様を捕らえている。
人物帳とあわせて、まるでアニメの設定資料集のようだと思いました。

動物の生きた様を写し取る=写生=アニメ 

■相国寺
足利義満により創建。画僧の周文や雪舟を輩出。丸山応挙の他、伊藤若冲(じゃくちゅう)・長谷川等伯も縁あり。

相国寺承天閣美術館
(しょうこくじ じょうてんかく びじゅつかん)
一般的な美術館とひと味ちがう。茶室・襖絵展示レールあり。若冲の常設展示あり。

■東洋画の系譜
日本の伝統文化は明治を境に断絶が起きている。
浮世絵は日本で生まれた、庶民によるサブカルチャー。
その伝統は明治以降は廃れてしまったのか?
いや、現代のマンガ・アニメにその文化遺伝子が引き継がれているのではないか、と感じる。
この番組でひき続き、追求していきます。

6)電子音楽
電子音楽のマラソンリスニングに参加してきました。

音響作品・ノイズ(音階がない・音と認められていないもの)を、音として捉えるという意識の拡張の試みが、現代音楽で行われてきた。

スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4 電子音楽

「フィールドレコーディング」はまるで写生のようだ。

音楽は常に最新のテクノロジーに反応して変化している。
その音楽をやっている人達に、常に影響を受けている。

最新のテクノロジーとどうつきあうか?
究極のアナログたる墨絵と、新しいデジタル技術の融合を考える。

冒頭のライブは、いわゆるCGとは違うアプローチを探る実験です。


■次回は、素敵なゲスト、お二人をお迎えします(別の日に二回連続します)
京終墨絵教室でもお世話になっております、奈良 京終サロンコーディネーターの安西 俊樹さま。
そして、歴史プロデューサーとして関東方面で活躍されている方を奈良にお迎えいたします。
詳細はまた追って告知いたします。


ライブ放送を見られなかった方は、番組アーカイブでお楽しみください。

Ustream
【月与志のカルチャー夜話】 #9 ライブ墨絵_01 2014.02.03


前回の様子
月与志のカルチャー夜話〜第八夜 〜戦国大名の兜デザイン/七福神はアイドル

奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 02:48| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。