2013年12月05日

月与志のカルチャー夜話〜第五夜 〜かぐや姫の物語・竹内栖鳳

墨絵作家 月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組、
星の林に月の舟〜月与志のカルチャー夜話(つよしのカルチャーよばなし)
毎月隔週 第1・第3月曜日 20:30〜21:30

2013年12月2日(月)20:45より、第五夜の放送をお送りしました。
スタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」の話題と、日本の漫画的・アニメ的ルーツを探るお話しと。
そして、墨絵の達人という切り口で、竹内栖鳳の魅力に迫りました。



スタジオの背景は、元興寺〜秋の園遊会で描いた墨絵です。
本当に背景を借りてきたような感じがして面白いですね。



各コーナーの詳細は以下です。

■イントロトーク:龍馬鈴〜大神神社・桧原神社(ひばらじんじゃ)のご紹介
NHK「ならコレ!〜墨絵で現代アート」取材のお話

00_2.jpg


1)元興寺さまでの墨絵パフォーマンスをしてきました

01_1.jpg

報告:墨絵パフォーマンス at 元興寺〜秋の園遊会

元興寺(がんごうじ)
ならまちにあるお寺。東大寺、興福寺とともに「古都奈良の文化財」の一部として、世界遺産に登録されている。
※須田剋太(すだ こくた)司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵を担当

01_2.jpg



2)奈良やアートのあんな事・こんな事を紹介

春日若宮おん祭
12月の奈良と言えば「春日若宮おん祭」
今年で878回目という古い歴史を持ち、伝統芸能の継承に大きな役割を果たしています。
17日午前零時から執り行われる遷幸の儀の紹介
※次回「月与志のカルチャー夜話」放送直後です、何かできないかな…

ボダイジュエキスポ2013
11月の2日間 大阪心斎橋のホテルを丸ごと借り切って開催されたアートイベント。

うのよしこさん
奈良を中心に活動する人気作家。ボダイジュエキスポ初出展に行ってきました。
近々地元でも展示がありますよ。
「1/19〜1/27です☆ 天理本通り商店街 「ギャラリーおやさと二階」にて特別展でっす☆」

蓮花(れんか)ちゃん
奈良県葛城市の公式マスコットキャラクター
「竹内(たけのうち)街道・横大路」敷設1400年になるのにちなみ、街道沿いの魅力を伝える「竹内街道1400年ブログ旅」

「地域の復興」の時代へ→奈良の地域ブランディングの可能性
縦を掘る=歴史研究/横を繋げる=地域ブランドの構築

補足記事
ご当地キャラ蓮花ちゃんが竹内街道1400年ブログ旅

「山辺の道こふん弁当」
前回、ゲストのくず上ともこさんが紹介くださったプロジェクトのその後をご報告
COLOR 小学生によるご当地弁当商品化プロジェク

墨絵アート体験教室
墨絵教室はお正月にむけて、墨絵で年賀状にチャレンジ。
1月はお正月らしいアイテムに描いてみます。

03_3.jpg

ならトリエクロッキー・カフェ
お互いに教えあい、学び会う和気あいあいとした雰囲気が生まれています。
画集やお絵かきの話題で盛り上がる時間と、美味しいご飯で、至福の一時。
月1回で開催中です。

03_1.jpg



3)墨絵の達人〜竹内栖鳳(たけうち せいほう)

04_1.jpg

「写生(西洋)と写意(東洋)の融合」
動物の一瞬の表情・自然の一瞬の情景を捕らえる天才的な表現力を感じました。

「漫筆」
漫筆画・漫画 筆の向くまま気の向くまま、目と心を開放し、紙の上で遊んだ画。
ただし、一枚の絵になっていて、気が利いて洒落た小品。

写生派の巨匠 竹内栖鳳は、墨を使いこなしている、墨絵の達人でした。

補足記事
墨絵の達人〜竹内栖鳳

竹内栖鳳展


4)スタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」/高畑 勲 監督作品

まず絵が美しい、上手い、水彩画が動いているようです。
一見、あっさりしている、けど凄い画力と手間ほひまがかかっている。

古典「竹取物語」を題材としながらも、我々が共感できる話になっていました。

「日本を舞台にしたハイジ」自然に生きる少女が、都会に出て葛藤するストーリー。
トルストイ〜大地と共に生きる農民

高畑 勲(たかはた いさお)
日本で長編のアニメーション映画が本格的に製作されるようになった最初期から、制作に携わってきた演出家である。
『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』『じゃりン子チエ』『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』などの演出、監督などで知られる。

かぐや姫の物語 公式サイト


「十二世紀のアニメーション」ー国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるものー 高畑 勲 著
世界中でもてはやされる日本のアニメ。その隆盛のわけは?
どうしてこんなにマンガやアニメが盛んなのか、人気があるのか?

十二世紀に開花した連続式絵巻は、時間・シークエンスという概念があり、既にアニメ的・漫画的であった。

四大絵巻物=「信貴山縁起絵巻」「鳥獣人物戯画」「源氏物語絵巻」「伴大納言絵詞」

補足記事
高畑 勲監督〜かぐや姫の物語と十二世紀のアニメーション


大和文華館 特別企画展 文学と美術の出会い―平安時代から江戸時代の物語絵―



1474565_559822350763044_236953957_n.jpg

今回もお伝えしたい事が山盛りありました。そのためか、トークに余裕がありませんね。
また、最後にPCが落ちるというアクシデントもあり、あいかわらずワタワタした放送で申し訳ありません。
鳴り物とスームアップカメラで遊んでましたが、そうやって平静を保とうとしていたようです。
この次はモアベターよ。

最後に申し上げた通り、この番組は、「面白い・興味深い・惹かれる」そんなひっかかりを提供できる場にしたいと思ってます。
「分かる・分からない」より、直感に働きかけるような面白さ、それが出来るよう色々伝え方を工夫していきたいなぁ。

これからも私が活動を通して知った面白い事、出会った面白い人を紹介していきます。
益々面白くなりますよ、ご期待ください。


ライブ放送を見られなかった方は、番組アーカイブでお楽しみください。

Ustream
【月与志のカルチャー夜話】第五夜 〜かぐや姫の物語・竹内栖鳳 〜2013.12.2


前回の様子
月与志のカルチャー夜話〜第四夜〜書と墨絵によるライブコラボレーション

奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/

次回は「おん祭り」の続報を。そして、年末年始にあわせた特別企画を考えています。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:50| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。