2013年12月03日

報告:墨絵パフォーマンス at 元興寺〜秋の園遊会

2013年11月30日土曜日、元興寺さまで行われた「秋の園遊会」にて、墨絵パフォーマンスを披露いたしました。

ピクチャ 0.jpg

1454562_10202019811528264_242674118_n.jpg

初めての邦楽演奏とのコラボレーションでした。
和の響きはやはり心地良いですね。

524395_10202019998172930_2024617060_n.jpg

描き上がった絵は、演奏やトークショウの背景として使って頂きました。

IMG_9130.JPG

それを前提に、屏風絵風の構成で描きました。
おおよそ30分ほどだったと思います。

IMG_9115.JPG

心配だったお天気も、秋晴の暖かな一日となり、気持ちの良い一時となりました。

主催は奈良県有名専門店会 奈良会さま。
創業100年の老舗が集う会の、お客様感謝会だからでしょうか、
運営側もお客様も皆さま親切で、とても気持ちよく参加することができました。感謝いたします。

1480608_446684388770435_1851837721_n.jpg

余談ですが、奈良時代の衣装について勉強したお陰で、時代衣装人物の絵が格段に良くなりました。やはり背景を知るというのは必要ですね。

また、実は月与志として、お寺で墨絵を披露するのは初めての事でした。
最初のパフォーマンスが、昔から好きだった元興寺さまとなり、嬉しい限りです。

969287_446684318770442_1049660059_n.jpg

こちらの様子は、「星の林に月の舟〜月与志のカルチャー夜話 第五夜」でも取り上げ、
元興寺さまをご紹介しましたので、こちらで補足いたします。

■元興寺~がんごうじ

元興寺は、ならまちにあるお寺。東大寺、興福寺とともに「古都奈良の文化財」の一部として、世界遺産に登録されている。
蘇我馬子が飛鳥に建立した、日本最古の本格的仏教寺院である法興寺(今の飛鳥寺)がその前身。
日本最古、飛鳥時代の瓦が、今も極楽坊禅室・本堂に現存している。
まらまちはもともとは元興寺だった。

・第四夜で紹介した「散華の美」が行われていたお寺
・夏の名物/元興寺地蔵会(じぞうえ)、万灯供養・献灯会(各界名士揮毫による行燈絵)
・地蔵盆まんぷく供養「夢まつり」/プロの料理人たちが自慢の料理を屋台で販売する、隠れた人気イベント。
・須田剋太(すだ こくた)司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵を担当したことで著名な、大和路画家。

ぜひまた来年、第二回が行われることを願います。
ありがとうございました。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 23:43| Comment(0) | Live墨絵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。