2013年11月24日

墨絵アート体験教室〜11月

なら町・京終界隈で、絵心を学ぶ、11月の「墨絵アート体験教室」(第6回目)を、2013年11月21日行いました。

早いもので、6回といえば半年に当たります。
継続は力、そんな言葉が浮かんだ今回は、素晴らしい成果が生まれました。

ゲストハウスならまちオーナーさまによる「男の絵手紙」
今回はご本人の感想を紹介します。


〜今日のテーマは、けん玉!

どのように置くと、どう見える?
どのような角度が、面白い?

最初にスケッチを3枚。
1時間に3枚をデッサンします。

1458716_3617480213080_1497664141_n.jpg

次に、墨を擦りながら、言葉を考えます。

月与志先生のアドバイスは、
「空間」の活かし方!
奈良時代は、左右対称、全面を使った絵
時代が進むと、アンバランス、空間の置き方に進化が見られます。
さあ、何処の特長を切り取りますか?
けん玉の糸が面白い。動きが見えるようになります!」

そして、新しい和紙に、恐る恐る墨を入れました。

「思い切りよく!」

という励ましたの言葉で、筆がススーと動きました。

後略)〜


というわけで、これまでの成果がしっかりあらわれた素晴らしい一枚が誕生し、私もご指導しながら一緒に興奮いたしました。

1003920_651630151525863_724931511_n.jpg

お正月に向けて、身近にあるアイテムを選んでもらったのですが、
けん玉は、ゲストハウスに来られる海外のお客様に、何百回もデモしたアイテムだそうで、
そんなオーナーさまだから描けた、絶妙な線のたわみと、この瞬間だと思います。

描き入れた「観る」という言葉にも、オーナーさまの思索(観自在=すべてを思いのままに見る)が反映されています。

このように、描く楽しみ、作り上げる喜びを掴んで頂けた事がとても嬉しい今回でした。

教室に興味のある方は一度お尋ね下さい。
どのような教室なのか、見学だけでもOKですよ。

1462192_3617279368059_1025059597_n.jpg

1421464_3617331889372_1604111761_n.jpg

生徒さんへの絵手紙

1479657_3617256167479_1718434433_n.jpg

1479807_3617479093052_1253778802_n.jpg

1481373_3616930959349_703371682_n.jpg

会場の棚に作品がまた1点追加されました。

12月の墨絵教室は、引き続きお正月に向けたテーマで開催いたします(日程は最新情報をご確認ください。)

お正月.jpg

このような、楽しいアイテムをご用意しておりますよ。

お申し込み・詳細→墨絵アート体験教室のご案内

前回の様子→墨絵アート体験教室〜10月


そして恒例の「京終さろん」では、近代文化遺産としての奈良の煉瓦建築について、学びと交流をいたしました。
12月は「弘法大師と大安寺」1月は墨の不思議な魅力についてのお話しがあるとのことで、今から楽しみです。

京終近隣地域の皆さんと、教室をきっかけに新たな交流が生まれると嬉しく思います。
お気軽に覗きに来てくださいね。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 19:40| Comment(0) | 墨絵教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: