2013年05月10日

墨絵_鳳凰習作

日本のみならず、アジア広域で広く知られている鳳凰。
長いアジアの歴史で様々に語られ、描かれてきた題材でしょう。
色々な墨絵技法で描いてみたい。

鳳凰_01.jpg

鳳凰_02.jpg

鳳凰_03.jpg

鳳凰(ほうおう)は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも。
日本や朝鮮など東アジア全域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。

鳳(ほう)はオス、凰(おう)はメスを指し、『本草綱目』によれば、羽ある生物の王であるとされる。
「聖天子の出現を待ってこの世に現れる」といわれる瑞獣(瑞鳥)のひとつで、『礼記』では麒麟・霊亀・応竜とともに「四霊」と総称されている。
〜wikiより



Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志site http://tsuyoshi-jp.sakura.ne.jp/
タグ:鳳凰 墨絵
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:12| Comment(0) | 墨絵・水墨画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。