2012年07月16日

私部城跡〜交野市歴史ウォーク

故郷 交野市の歴史ウォークに参加しました。
子どもの頃に慣れ親しんだ、あの道、あの場所を、歴史的観点から再発見。
交野古文化同好会 交野歴史健康ウォーク報告

120714_03.jpg

日本最長の門長屋、代官屋敷。


故郷交野市に、奈良に縁の深いものが色々発見できました。
2011年に、奈良の歴史名所巡りに邁進して、古文化に多少理解が在ったお陰です。

120714_01.JPG

地元民にはおなじみ住吉神社。
こちらの社殿は、江戸時代に奈良春日大社のものを譲り受けたものだそうです。
春日造りの住吉さん。

120714_02.jpg

大峰山参りの記念碑でしょうか。

その他、東大寺二月堂を祀った祠が道の要所に建てられていたり、
大和の国 郡山へ続く道があったり、など。


さて、こちらは私部城跡。
府下では珍しい平野部に築かれた城です。

120714_04.JPG

私部城は室町時代に豪族畠山氏の家臣・安見氏が築いたといわれています。城は本郭・二郭・三郭からなる主郭と周囲の副郭で構成されています。
私部城跡 詳細


120714_05.JPG

私部城 今は名のみ 城の址


120714_06.jpg

最近ではこの城跡の重要性が認められて、国の指定史跡に向けた調査が始まっています。
故郷のこの史跡が、観光客が訪れるような場所になれば。

多くの人に知ってもらう「私部城物語」が構想されており、
私も絵描きとして力になりたい!と思っています。


月与志site http://tsuyoshi-jp.sakura.ne.jp/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 11:47| Comment(0) | 紙芝居・郷土物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。