2018年12月04日

感想:東山魁夷展 at京都近代美術館〜美しすぎる障壁画の世界

私がかつて見た中で最も美しいと思う日本画の一つは…東山魁夷先生の描かれた「海」
随分前になりますが、奈良の唐招提寺御影堂で拝見した、鑑真和上をお慰めするために描かれたという、美しく穏やかな緑の海と、静けさが伝わってくる深山を描いた障壁画です。

IMG_6416.JPG

その感動を再びかみしめるため足を運びました。
生誕110年 東山魁夷展 at京都近代美術館

今回は美術館で拝見したためより客観的にじっくり鑑賞できました、そして昔は気づかなかった「鑑真和上の故郷中国を描いた水墨画」の魅力について感想を述べますね。


【東山魁夷画伯の作品世界】
東山魁夷画伯といえば大変著名な日本画家。香川を旅した時とか今まで何度か絵を拝見する機会はあったのですが、改めてその全容を知る事となりました。
生涯をかけて描きつづけた美しい自然風景。それは「単純化→抽象化→普遍性の獲得」であると感得いたしました。

私らしくない固い文面ですね〜(´ω`)まーびっくりするぐらい整った風景画だなーという印象ですね。
私も2018年は風景を描く事に意欲を燃やしていたところで、この広大な「自然」にどう向き合って描くのかを求めて訪れたのですが…。
その答えは、まるで抽象絵画のような風景画、描ききれない複雑混沌とした自然を単純化し、そこに普遍的美を見いだす、という絵でした。
(よくよく見るとただ単純なリピートではなく、時折その反復の和を乱す要素が入っているのがミソですねぇ)

国民的画家と呼ばれたという画伯の代表作が、日本の何処にでもありそうなごく普通の草むらの絵だったりするのが素晴らしいです。

もう一つの特長としましては、単一の色で描かれている、夕景・夜景が多い、季節では晩秋とか厳寒の冬の絵がほとんどのような印象でした。
北欧に惹かれて旅をして神秘的な作品を残しておられたり…暗い・冷たい・寂しいのがお好きだったのかなと。
音楽で言えば短調(マイナー調)ですかね、確かにそういうの心に染みるナー。

風景画は心の投影、という事でした。
こういうのって作家の内なる何かなんですかね?南方の明るさに惹かれたゴーギャンや田中一村と比較すると興味深いです。


【唐招提寺障壁画】
魁夷画伯の作品世界を巡った後はいよいよ障壁画です。
こちらは先生熟年期の1970年代にほぼ10年がかりで制作されたという大作。

唐招提寺 御影堂は平成大修理中でしばらくはお目にかかれないのだけれど、この障壁画はやはり鑑真和上像とともにあることで特別な意味を持ち、深い感動を与えてくれます。
とはいえ美術館で拝見するのだから一枚の絵として鑑賞・客観的に分析するのもひとつの経験でした(いろいろテクをみつけてきましたとも、ええ)

とはいいながら、仏教美術をそのような目で見る事にやましさを感じるのも事実です、仏像をプロダクトデザインとして見ているワタシ罰当たり。(以後、不遜な発言はご容赦ください)

まずは再びお目にかかれた、魁夷画伯の暖かく穏やかな海に感動を禁じ得ません。
盲目の鑑真和上に穏やかな日本の海をお見せしたいと、先生自ら日本各地の海を写生する旅に出てついに普遍的な日本の海を描きあげたというエピをもし知らなかったとしても、この美しさは響きますよね。

海の波打つ音が穏やかだけど力強く響いてくるかのような「濤声」と呼応するように、深い山奥の霊気を描いた「山雲」こちらはしんと静まりかえった静寂、夏でも凍えるような冷たさと神秘性を感じさせます。
不思議な事に何処から鳥の声まで響いてくるような…と思ったら、さりげなく雲雀が描かれておりました。

今流行りの360度VR映像なら、触ると飛んでいきそうですね(触っちゃ駄目ですが)
それにしてもVR以上にリアリティのある空間が50年前に描かれているなんて。
いやもっと昔から障壁画というヴァーチャルリアリティ空間は日本にあったのですねぇ。

襖絵だからなのか、日本の風景を丹念に描いているからなのか、東洋的な「間」というか、どことなく抜け感があるからなのか、これまで見てきた魁夷先生の作品とはちょっと違う印象です。

その思いは、さらに第二期の障壁画、鑑真和尚の故郷中国の風景を描いた水墨で深まりました。
正直申し上げますと、最初に御影堂を訪れた時には、美しすぎる海と山の色彩にただただ心打たれ、これら水墨の異国風景はスルーしてしまいましたが、今回は違います。

私も水墨を手がける絵師の端くれとしてあれから多少目は肥やしてきました。
逆に言うと、中国の水墨画を知らないと「桂林月宵」や「黄山暁雲」の事はピンと来ないのは仕方ないのかもしれません(いまだそれほどピンとこないワタシ)
そこには中国の水墨を育んだともいう絶景の景勝地、幻想的なそびえ立つ山また山(というか画家の妄想でなく本当にあったのかという)が描かれているという事です。

揚州薫風」は鑑真和尚の故郷だからでしょうか、やさしく暖かくノスタルジックな雰囲気でした。
モノクロの水墨なのに暖かいだなんて?絵に込められたストーリーでそう感じているのでしょうか?
いえ、どうやらそれは全体的にぼんやりした遠い風景として描かれているからでしょう。
ここは美術館なのを幸いに細部まで食い入るように検証したのですが(流石にお寺ではできませぬよ)ディティールをはっきり描かないぼかした味わいが幻想的で、不思議な夢心地を誘うのです。

なるほど、ぼかしが美しいのはまさに水墨画の面目躍如、そしてどちらかといえば冷たく厳しい風景を好んで描いておられた魁夷画伯のいままでとは違う画境を拓いたのではないかな、と。
この時初めて水墨画に挑まれたということです、その切欠になったのが、この大作のため当時は渡航が難しかったという中国を訪れ、水墨画を生んだ中国の風景に触れたからだそうです。

現在、東京でも東山魁夷展が行われ、「美の巨人」でもこの御影堂第二期障壁画を詳しく取り上げてくれたお陰で知りました。
この水墨画は紙に滲み止めを施して描かれているとか…え!?ぼかしてないんかーい(´ω`)という驚き。
墨で描いてもそこは魁夷画伯流の描き方で描いているんですね。
ぼかさずにぼんやりと描きあげた「モノクロームの幻夢」いやーこれ見習いたい(´ω`)

とまぁ、絵描きの性で技術的なところばかりほじくってみっともないですが、やはり大事なのは何が描かれているか、こころで感じ取ることですよね。
穏やかな海と、静かな深山、日本の普遍的な美しい風景に磨き上げられた画面や、異国の風景には、その土地の空気感や過ぎ去った時間まで息づいているような気がします。
それを綿密な写生の積み重ねで実現しているという事実に、深い畏敬の念を抱きます。

ところで、この御影堂障壁画に取り組んでいる同じ時期に、魁夷画伯は好んでファンタジックな白馬を描いていたのだそうです。いったいどういった心の現れだったのか、絵画芸術は本当に奥深いですね。

IMG_6417.JPG

京近美2018日本画の巨匠たちシリーズ(勝手に命名)
次は、生誕150年〜横山大観展のお話です。こちらはおもしろおかしく書く予定(やめなさい)

感想:藤田嗣治展 at京都国立近代美術館〜乳白色の夢・戦争・祈り

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想:近現代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185135982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック