2018年10月24日

おでかけスケッチ〜秋の草花

181010_ふじばかま.jpg

今年は少しずつ季節の草花をスケッチしております。

おでかけスケッチ〜花と風景/暑中お見舞い2018夏

お出かけスケッチ〜京都大原三千院

私の好きな古の絵師達は、様々な花や草木を美しく描き、季節の叙情を表しています。
ところが私、花を描いてみると、まるで美しく描けません。
というより「花」そのものをまるで知らなかったのです、これでは描けるはずがありません!めちょっく!

というわけで、ひと花でスケッチ一枚、花を観察してまずは知るための写生を始めました。

180918_ひがんばな.jpg

秋のお彼岸頃に咲く彼岸花。赤い花には毒があるとのことで、幽霊花、地獄花など恐ろしい別名がある一方、天界の花とも呼ばれる、またの名を曼珠沙華


180910_はす.jpg

不思議な美しさを感じる
蓮は泥より出でて泥に染まらず、ということで仏教で尊ばれるお花。
インドとベトナムの国の花だそうです。

睡蓮と蓮は違うとか、レンコンは食用の蓮だったとか。
なるほど、知らない事ばかりです。

昔、海外の意識の高いデザイナー氏がおっしゃっていたのですが、都市生活をする現代人は100ある企業ロゴを見分けられるが、山野において10の草花を知らない、ということです。あなたは如何ですか?

桜が咲けば春が来るあの喜び、でもだけではないのです、季節が変われば菖蒲紫陽花ノウゼンカズラ、夏が来れば百合朝顔桔梗木槿
次々と巡る季節と共に花と出会えるって結構楽しい事ですね。

その花が咲く季節は限られています。
だから一年に一度見られる時期が貴重なわけですね。

そして、知っている花が増えてくると、普段見ている風景がだんだん違って見えてきます。
こんなところに花が居たのか、季節の到来を教えてくれるのか、と感動するようになりました。

<秋の七草>

万葉集にも読まれている日本古来より愛されてきた草花。
色も香りも強い海外種と比べるとなんだかとても地味ですが…こちらが気づかなければスルーされてしまうような主張しない草花ですが、その目立たない佇まいが逆に愛おしい、なんて思ったり。


181010_ふじばかま.jpg

藤袴〜ふじばかま。万葉集で”秋の七草”と詠まれた(山上憶良)古くから親しまれた花ですが今は準絶滅危惧種だそうです。満州国の国章にデザインされた事も。


181015_はぎ.jpg

秋を代表する花のひとつ。は万葉集で最も詠まれた花なのだそうです。
扁平でまるっこい葉と小さな花が独特で、野原で見つけた時はなんとも愛らしいと思います。


181023_なでしこ.jpg

撫子〜なでしこは、撫でし子〜撫でていたい愛らしい娘ということで、古来より女性に例えられてきた花。大和撫子は日本女子を表す言葉として今もありますね。

秋の七草は今も継続中です(秋までに描き終えられるだろうか…)


そんな草花を見るのが楽しくて、最近では野原や田畑を抜ける道を歩いています。

181001_かき.jpg

道すがらに、ある日柿が色づいたのを見つけたとき、不思議な感動がありました。
畑には柑橘系の実や梨もなっています。そして田んぼの稲も黄金色になり頭を垂れ始めました。

180925_いね.jpg

秋になれば、実を結び恵みをもたらしてくれる、という単純な事だけどなんだか感動的な事が起こるのだな、と。
特に、今年は自然災害が連発し大変な夏でした…こうやって無事収穫を迎えられるってもうそれだけでとてもありがたいことなのだろうと(自分が育てたわけではないですが…)

ちなみに写生は奈良公園内にございます萬葉植物園に時々立ち寄ります。
こちらでは草花に万葉歌が寄せられているので添えている次第です(もう少し美しく書けるようにぼくはなりたひ)
園内で、稲やうるち、あわや稗の穂を初めてみましたが、とっても美味しそうでした。

そんな訳で、花を写生しているうちに、図らずも花の魅力、自然の美しさに気づくようになりました。
普通はきっと、自然の美しさを表現したくて絵筆をとるものなのでしょう、私は順序が逆でしたが…。
まぁでも、絵を上手く描く事より、私達を取り巻く自然が美しい、と感じられるようになった事が大事なように思います。

普段見ている何気ない風景も、どこにでもある草木にも、よく見れば美しい場面が無数にあります。
ちょっと公園に出かけるだけでとっても得した気分になれますしね。

最近は木々の枝振りに目が行ってしまいます。
明日香村の秋風景。ススキと萩を見つけてここは絵になる!と悦に入って描きました。

秋草.jpg

こうやって描いたものは、奈良の風景シリーズに今後活かしたいと思います。

181023_紅葉.jpg

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローイング・スケッチ・ラクガキ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184755218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック