2018年01月03日

2018年 年頭所感

2018年明けました。
皆様のご多幸と益々のご発展を祈念申し上げます。

昨年は墨絵てぬぐいの制作に尽力いたしまして、今まで描けなかったような墨絵が描けるようになりました。
そういった新しい絵も増えてまいりましたので、過去の(恥ずかしい)絵を少しずつ整理しております。
気がつけばこのblogにも六百以上の記事があがっておりまして…無駄に描き散らしてきた物事を反省しつつ。

しかし七年経っても相変わらず未熟な画力を、多少でも向上させるのが今年の目標です。
先ずは自分の足で一人で立てなければ、コラボなど成り立つはずもなく。
基本に立ち返って、ますます地道に、コツコツと続けたいと思います。

月与志siteも整理がすすんで、随分すっきりいたしました。
http://tsuyoshi-jp.com

このblogを始めたころは、幼い子どものようにただやみくもに突っ走っておりましたが、
今はもう少し分別も付いた大人になろうと思う、青年期のような心境、といったところでしょうか。
古い作品などいまさらなのですが…これはこれで、未熟だったからこそ出来たことだと、後からほのぼの思うかもしれませんので残しているものもございます。

とはいいながら、いまでも道に迷っているばかり、なのですが。

さて最近はサブカル熱もやや冷めてw「水墨画」に夢中です。
ぶっちゃけ水墨画ってなんだか取っつきにくいイメージが強くて、ありえなーいだったのですが。
実はかーなり面白い世界だと言うことが分かってきました。

日本の古典美術で近年人気という「奇想の画家伊藤若冲曾我蕭白長沢蘆雪らの水墨画は衝撃でしたし、
いまの「日本画」が成立する明治以前の大和の絵には、時代ごとにそれぞれ個性豊かな絵画世界がありました。
感想:国宝展 at 京都国立博物館〜等伯×永徳・牧谿×梁楷 水墨画オールスター祭りだよ!

水墨だからといってカラーがNGというわけでもありません(それでもモノクロームの美しさは至高なのですが)

そもそも「禅の心」が水墨画なのだから、私のようなマンガ育ちのアニヲタには縁の無い崇高な世界と思っていたわけですが…「水墨画=禅」は日本の特殊事情であって、源流の中国をたどると、遙かに深い絵画芸術の世界が広がっているようです。
古代中国にて絵画技法の一ジャンルだった「水墨」にドハマりする芸術家が後を絶たず、様々な技法・画論が生まれ、時代も国も超えて継承されてきたという超マニアな世界。これが面白くないワケがない!(´ω`)

というわけで、今は一度古典にどっぷりつかってみようという気分です。
伝統的な定番のお題を受けて表現するとか、まるで落語やJAZZみたい?

鶴.jpg

古典とナウいヽ(・∀・)ノを!レッツ☆ラ☆まぜまぜ!

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182027156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック