2017年08月29日

感想:書の源流企画展「榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」at奈良県立美術館

奈良市の町中では今も墨筆で描かれた古風な看板が沢山あり目を愉しませてくれます。そこでよく目にする「脱力系」の書。
かの東大寺も有名な南大門の石碑から二月堂などは、お子さまが揮毫したのかな?というような天真爛漫な書をお見かけいたします。
近隣の有名な寺院はどこも品格溢れる書に触れる事ができ、さすナラ(流石!奈良)町そのものが博物館!なのですが、これでいいのか東大寺?と思う方も少なくないかもしれませんね。
 
これらの個性的な書は、榊莫山(さかき ばくざん)先生によるものだと近年知りました。
ばくざん先生」として親しまれている前衛書道の大家、90年代中頃に宝酒造のCMなどでお茶の間にも知られたお方だったそうです。
常々そのお名前と、個性的な書と墨画、それに相応しい個性的なお人柄を見聞きしていたのですが、今回の奈良県立美術館の展覧会で、初めてその全貌を知る事になりました。

まずその代表作は「土!土!土!」土ひと文字を書き続けて20年。わたしのごとき素人には全部同じ「土」にみえるのですが…(´ω`)
文字の成り立ちである原初的な「土」のイメージをつかみ表そうと書き続けたという、なんだか土の匂いがするような力強く暖かな、絵のような書でした。
(おなじく「女」ひと文字も書き続けて20年だそうで…それって結構色っぽいお話しですなぁ)
そのほか日々の畑仕事の絵日記とでもいうような俳画?など、じつにほのぼの癒される画風なのですが。

ところがばくざん先生は、若いときに既に一流と認められ、前衛的な芸術家としての道を歩んだ方なのでした。
〜20歳代で書道界の最高賞を次々に受賞したが「集団を組むと堕落する。孤独でなければ見えるものが見えなくなる」と野に下った…
ということらしい。

そういえば、法隆寺 百済観音のイメージを「書」で表現したという作品は、品格があり前衛的でしびれるぐらいかっこいいものでした。
すっごーい!先生はゆるきゃらばかりではなかったんですねぇ。

…あいかわらず不遜な文章を綴っております、物を知らない若輩者ですので…申し訳ありません<(_ _)>

飄々としたイメージは、孤高の道をゆく気高さと表裏なのでしょうか、ばくざん先生が憧れたのは中国の文人や良寛など、世俗を嫌い天衣無縫に生き創作した人々のようです。
それが最も現れたキャラクターが、展覧会のメインイメージ画にもなった「寒山拾得」でしょうか。

寒山拾得S.jpg
※こちらは愚生の模写?であります

寒山拾得」(かんざんじっとく)世俗を超越した中国伝説上の二人の詩僧。
中国文化の画題として最も愛されてきた「キャラクター」なのだそうです。

牧谿の国宝「猿猴図」から派生した「おさるフレンズ」(by 永青文庫のおねえさん)といい、中世のお絵かきシーンにも有名なキャラが存在したのですね。

ところで、ばくざん先生の描くゆるーい線でどこまでも自由闊達な画にはとても心惹かれます。
いわゆる「上手いと褒められる絵」より「一見下手、だけど味がある」という絵に憧れを抱くのは、わたしがヘタウマ画を経験した昭和生まれだからでしょうか。
わたしも「上手く描けるようになりたい」という一心で描き続けているのですが「下手と思われたくない」という思いもなかなか捨てられません。

そんな未熟な私ですが…今回ばくざん先生の書画を拝見して思った事は、そもそも「ウマい・ヘタではない」
とらわれず、自由であることの豊かさ
きっとそういう事なのかな、とぼんやり考えました。

そして、紫舟さんの書彫刻、初めて拝見しました。
話には聞いていて想像していたものと、実際に体験したものはやはり違っていて新鮮な驚き…ぎりぎり文字、というのがおもしろかったです。
モデラー心がうずきました(´ω`)私もいつか墨絵を立体化してみたいものです。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想:近現代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180814737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック