2017年05月30日

感想:すみだ北斎美術館

東京ヲノヴォリ編、ミュシャ展大エルミタージュ美術館展につづきまして、今回は「すみだ北斎美術館」です。

葛飾北斎は、何度も取り上げている好きな浮世絵師(アーティストと言っても差し支えない)です。かつて信州小布施で拝見した、北斎晩年の肉筆画が神業すぎて忘れられません。
信州小布施 北斎館に行ってきました

というわけで、最近(2016年11月)開館して話題の「すみだ北斎美術館」へ、この機会に立ち寄って参りました。

こちらの美術館の特長は「生まれた町の美術館」北斎オンリーだということ。
葛飾北斎は現在の東京都墨田区に生まれ、生涯のほとんどを区内で過ごしたとされているそうです。
引っ越しを繰り返した逸話がありますが、同じ町内を点々としていたんでしょうか…(´ω`)

IMG_2428.JPG

訪れてみると、まずおどろくのが建築外観。おう!こりゃモダンミュージアムですかい?
江戸長屋風とか和風モダン建築ではない意外性ですね。

設計は建築家の妹島和世氏(あのユニークな金沢21世紀美術館も設計したんですね)。建築を見学にくる人も多いとか。
公園や地域と一体となった建築だそうで、最上階からは東京スカイツリーもばっちり。

一歩館内に入ると、これまた予想を裏切るハイテクな展開。
暗い展示空間にタッチパネルが光り、利用者の操作で様々な情報を教えてくれます。
各国語にもしっかり対応、みればお客さんのほとんどが観光客らしい外人さん。浅草にもほど近い立地ならではの配慮ですね。

当地生まれの世界一有名な日本人画家、北斎の生涯を順に追って見る内容で、その気になればじっくり学ぶ事ができるし、さらっと流すことも可能。いわゆる大きな美術館とくらべると、展示・入場料もお手頃です。

有名な浮世絵も高精細なレプリカで揃っていますが、収集されたコレクションもありました。
嬉しい事に、北斎の絶筆といわれている肉筆画「富士越龍図」が最後にあり、じっくり目に焼き付けたものです。

IMG_2442.JPG

そしてふり返ると…(´ω`;)うひゃーーー

北斎先生こと画狂老人卍のアトリエを再現した人形だそうですが…リアルすぎるw
そういえば映画「北斎漫画」や「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」でもこんな場面ありましたね。

かつて様々な記念館や美術館で、先生の書斎やアトリエの再現コーナーを見てきましたが、いまだかつてないインパクトでした 笑)
最近はこのクオリティでリアルに動くロボットがあるので、次は動き出すのかもねー(見たいか?)

IMG_2429.JPG

入り口辺りにあった大迫力の一枚、幻の北斎奉納大絵馬「須佐之男命厄神退治之図」
関東大震災で焼失したものを、残された写真をもとに復元したというものでした。

時間の都合で、常設展示室のみの拝見でしたが、他に講座室と図書館、ミュージアムショップなどもあり、企画展も充実しているようです。

E58C97E6968Etitle.png

北斎先生については、番組でもお話ししており、人気のアーカイブの一つです。
月与志のカルチャー夜話 第七十三夜 〜葛飾北斎/百日紅〜Miss HOKUSAI

IMG_2425.JPG

すぐ近くには江戸東京博物館。時間があればここもじっくり見学したいなぁ。

今回は浅草には寄らず、世界一の古書の町といわれている(そんなに凄いとは知らなかった)神田古書店街へ。
いやー濃密な空間でしたわ。この辺のお話しは「第百二十九夜〜ヲノヴォリ!トーキョー2017」にて。

ヲノヴォリ編「弥生美術館・長沢節展」に続きます。

追記:2018年1月
感想:葛飾北斎〜富士を超えてatあべのハルカス美術館

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想:古典
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179899122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック