2017年02月20日

月与志のカルチャー夜話 第八十五夜 〜SFアニメ:オールドスクール・アニメ04

月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組「月与志のカルチャー夜話」

長らくblogでの紹介が出来ておりませんでしたが、再開いたします。
※本放送およびアーカイブの編集アップ作業が膨大だったため・ようやくシーズン5が上がりました。
こちらは2015年初秋の放送ですが、また少しず紹介していきたいと思います。


【月与志のカルチャー夜話 第八十五夜 〜SFアニメ:オールドスクール・アニメ04】


2015年9月14日放送 第八十五夜は、オールドスクール・アニメシリーズの四夜目。
三回にわたって特集した「テレビまんが」の時代から歩を進め、SFアニメブームと中高大生のアニメファンが登場した70〜80年代のお話。
今(2017年)では番組の名物企画となりましたオールドスクール・アニメの始まり回。
後にで深く掘り下げる事になる、ガンダムや冨野監督作品と80年代リアルロボットについて、先鞭を付けた回となっております。
SEASON-5 第百八夜〜機動戦士ガンダム、第百九夜〜80'sリアルロボットなどオールドスクールアニメDigシリーズ

60年代より、本格的な日本SFが立ち上がり、日本万国博覧会が開催された1970年代には科学全般に対する世間の関心が高まった。1970年代後半には、映画『スター・ウォーズ』の日本公開でSFブームの到来。
そんな中、本格的なSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』がブレイクし、中高大生のアニメファンを獲得。劇場映画が公開されると社会現象とも言える一大ブームを巻き起こす。その後の『銀河鉄道999』『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』『新世紀エヴァンゲリオン』に至るアニメブームの先駆けとなった。

年表を追うと、1970年代後半は、アニメイベント・ラジオドラマ、アニメ専門誌の創刊、公式アニメファンクラブの創設、コミケの始まりなど、アニメが若者文化として成長していくステップを踏んだことが分かりました。『宇宙戦艦ヤマト』の成功で、80年代には多数の劇場版アニメーションが制作され注目されました。

現在も人気が高い『機動戦士ガンダム』と「リアルロボット」シリーズ。
『超時空要塞マクロス』スタジオぬえによる詳細なSF設定と、ラブコメ、アイドル要素を取り入れた意欲作。
風の谷のナウシカ』現代まで最も知られ受け継がれている日本SFアニメの金字塔。
クラッシャージョウ幻魔大戦王立宇宙軍 オネアミスの翼まで。
社会的な背景と、個人的な感想も交え、お話いたしました。


各コーナーの詳細は以下です。

・義経静弁慶サミットに参加しましたというお話し
・前回のふり返り〜ピンクレディー・山本リンダさん・小川ローザさんについて
月与志のカルチャー夜話 第八十四夜 〜日本のギャル

・今見てるアニメ〜クラスルームクライシス・シャーロット・シンフォギア

SFアニメ.png

<カルチャートーク:アニメ#11 オールドスクール・アニメ04:SFアニメ>
1)日本のSFの歴史
戦後日本に流入した「空想科学小説」
・60年代:早川書房S-Fマガジン、第1回日本SF大会/小松左京、筒井康隆、星新一
・70年代:SFマンガ、SF特撮・日本万国博覧会、映画『スター・ウォーズ』と宇宙戦艦ヤマト
・80年代:機動戦士ガンダム、超時空要塞マクロス、風の谷のナウシカ

2)アニメの歴史:1960〜70年代

こども向けのてれび漫画から、中高大生にアニメファン層が広がる時代。アオイホノオの時代。
海のトリトン〜宇宙戦艦ヤマト〜タイムボカン〜超電磁ロボ コン・バトラーV・未来少年コナンなど。
宇宙戦艦ヤマトの大ヒットと初めてのメディアミックス(映画・レコード・小説・漫画、ラジオドラマ・キャラクター商品など)展開。
アニメファンクラブ設立、声優養成学校誕生、アニメ専門誌創刊

3)思い出のSFアニメのお話し
■宇宙戦艦ヤマト:アニメブームの先駆けとして日本のアニメシーンを変えた存在だったようです。
■機動戦士ガンダム:リアルロボットものを拓いた名作。富野由悠季監督について。長浜ロマンロボシリーズ。劇場映画を観に行った思い出。ガンプラ。
■超時空要塞マクロス:ロボット、SF、ラブコメディ、アイドルなど当時のティーンズが好きな物全盛りという斬新な作品だった。
1983年は劇場SFアニメの当たり年!クラッシャージョウ・幻魔大戦・宇宙戦艦ヤマト 完結編。
■風の谷のナウシカ:安田成美さんの主題歌
■王立宇宙軍 オネアミスの翼:リアルなメカ描写とリアルな青春ストーリーが印象的。坂本龍一氏がアニメーションの音楽監督。ガイナックス制作・制作スタッフの多くが商業作品の制作経験をほとんど持たない20代の若者だったとか。

次回は少年少女が夢中になった80年代の「青春アニメ」タッチ、みゆき、ときめきトゥナイトからきまぐれオレンジロードまで。
第八十六夜 〜青春アニメ80's:オールドスクール・アニメ05 へつづく

第七十七夜 〜懐かしのテレビまんが:オールドスクール・アニメ01(詳細記事)
第1回は「テレビまんが」と呼ばれていた1960〜70年代のお話。一緒に懐かしみましょう☆平成世代も歓迎。
劇場アニメーションからテレビまんがへ。日本のアニメの歴史を辿りながら、思い出話なども。

第七十八夜 〜テレビまんが黄金時代:オールドスクール・アニメ02(詳細記事)
思いがけず大賑わい「オールドスクール・アニメ」第2回は「海の日」配信でした。
テレビまんがが輝いていた黄金時代・70年代をもう一度深めます。

第七十九夜 〜テレビまんがと昭和:オールドスクール・アニメ03(詳細記事)
大人が子どもに戻る一時「オールドスクール・アニメ」第3回も引き続き70年代。
テレビまんがを通して昭和という時代をふり返ります。


月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 04:12| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。