2016年05月27日

月与志のカルチャー夜話 第八十三夜 〜沖縄

月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組「月与志のカルチャー夜話」

2015年8月24日放送 第八十三夜は、沖縄を旅した思い出話と、沖縄独特の文化・歴史をお話しました。
首里城と琉球、島唄、ルートビア、ウルトラマンをつく創った男金城哲夫まで。
琉球処分、沖縄戦、アメリカ統治…沖縄の悲しみの歴史についても。



【月与志のカルチャー夜話 第八十三夜 〜沖縄】

各コーナーの詳細は以下です。

少し風邪気味でしたが、沖縄は那覇からお送りいたしました(ウソです)
オリオンビールとルートビアで乾杯!(エア乾杯)

まずは、義経・与一・弁慶・静合同サミットと源九郎稲荷神社のご紹介
義経・与一・弁慶・静合同サミット in 大和郡山

「ガルパン×るるぶ」萌えミリタリー作品と大手旅行出版社のコラボ事例。

8月は「終戦の日」がテーマ いろいろ調べておりましたが…
少し変わったエピソードも…「東京ローズ」

東京ローズ(Tokyo Rose)は、日本軍が太平洋戦争中におこなった連合国側向けプロパガンダ放送の女性アナウンサーに、アメリカ軍将兵がつけた愛称。
南太平洋で戦う米兵たちに届いた女性アナウンサーの魅惑的な声はいつの間にか、東洋の魔女「東京ローズ」と呼ばれるようになった。美しい薔薇には刺がある…。
戦後名乗り出た「東京ローズ」ダキノさんの数奇な生涯。

沖縄.png


<カルチャートーク:地域文化#08 沖縄>

1)沖縄・観光地
まずは私個人の沖縄観光の思い出(およそ10年前)から始めました。
本土とは違う文化の特長…ここは外国だ!という印象がありました。
手持ちの風景写真をお見せしながら色々ご紹介しています。

・那覇〜首里城跡・国際通り
・A&W ルートビア (root beer) :アルコールを含まない炭酸飲料の一種。アメリカ生まれののハーブ飲料。
・泡盛:米由来の蒸留酒
・琉球ガラス:太平洋戦争後の資源難のため、アメリカ軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再生したことから始まる品である。
・極彩色の魚:グルクン
・タコライス:タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理
・沖縄そば:麺は一般に太めで、和風のだしは遠い北海道産の昆布を使用。
・さんしん:日本の三味線「しゃみせん」の起源の一つ
・琉球紅型(びんがた)染色
・エイサー(盆踊り)
・島唄:琉球王朝時代に確立された古典音楽から民衆の間で歌い継がれてきた唄
・沖縄と海外の文化が混在する「チャンプルー文化

<沖縄とは>
日本最南端の沖縄県は、広大な海域に点在する大小160の島々からなります。
亜熱帯海洋性の温暖な気候に恵まれたこの地は、美しいサンゴ礁をはじめさまざまな動植物が暮らす生態系の宝庫。
また、アジア大陸に近く、古くから海外交易がさかんに行われたため、独自の歴史や文化が育ちました。こうした沖縄ならではの自然や歴史や文化は、琉球王国時代の遺跡をはじめ、琉球王国の面影を残す伝統工芸や芸能、独自の慣習や料理などに見ることができます。


<中部>
オキナワンロック:ベトナム戦争時代 極東最大の米空軍基地・嘉手納(かでな)基地があるコザ市が発祥の地とされる。

<北部>
・やんばる:亜熱帯のジャングル〜ほとんど飛べない鳥「ヤンバルクイナ」「イリオモテヤマネコ」などの天然記念物
・沖縄美ら海水族館:ジンベエザメやマンタ

<離島多数>〜宮古島、久米島、石垣島など…日本最南端の諸島 ダイビング・マリンスポーツが盛ん

<芸能が盛ん>
・喜納 昌吉、りんけんバンド・ネーネーズなど「ウチナー・ポップ
・フィンガー5、安室奈美恵 Kiroro ORANGE RANGE SPEED MAX BEGIN、夏川りみ…など


2)沖縄(琉球)の歴史

豆腐と野菜を中心にいろいろな素材を混ぜ合わせて炒める沖縄料理「チャンプルー」になぞらえ、「チャンプルー文化」とも呼ばれる沖縄の文化。
琉球王国時代に中国や日本、朝鮮さらに東南アジア諸国との交易を通じて、多種多様な文化が融合し成熟してきたことが、この様な特異な文化を育んだ土台であると考えられているそうです。

15世紀には統一王朝が形成され、独立国家である琉球王国誕生。
1609年の薩摩藩の武力侵攻・その後は、江戸時代の日本や中国の文化を吸収し独自の文化を形成した、琉球文化の黄金時代。

武器を持たない琉球の外交。450年の繁栄を築いた「琉球王朝時代」
小さな王国ではあったが、隣接する大国明・清、日本の間にあって中継貿易で大きな役割を果たした。

黒船来航(ペリー)
明治以降「琉球処分」・沖縄県と改められ日本の領土となる。

明治から昭和中期まで強力な標準語普及運動。皇民化計画・神道の布教。
大正から昭和初期にかけて沖縄から本土への出稼ぎが増加。

大正時代、南洋諸島が日本の委任統治になると、新天地を求めた沖縄の住民が環境の似た南の地へこぞって移住した。また同時期に、ハワイやブラジルなどの中南米諸国へも多数が移民。

1930年世界恐慌による大不況で一時的に飢饉となる「ソテツ地獄」


3)沖縄戦・南方戦線

THE BOOMの「島唄」の歌詞の意味について〜ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら

第二次世界大戦の激戦地となった沖縄
旧日本軍は、本土決戦に備えるために時間稼ぎをし、また本土の兵力を温存するために沖縄を「捨て石」にした、と言われている。
ひめゆり学徒隊・対馬丸の疎開児童

1945年 終戦後、沖縄はアメリカの軍政下に。多数の軍事基地建設。
1972年 沖縄本土復帰
しかし、現在も沖縄には日本全体の約75%の米軍専用施設があり、さまざまな問題が残されています。

1975年 沖縄国際海洋博覧会
2000年 主要国首脳会議〜通称沖縄サミット 記念の二千円紙幣には守礼門が描かれていました。


4)金城哲夫さんについて 
金城 哲夫(1938〜1976)脚本家。沖縄県島尻郡南風原町出身。第一期ウルトラシリーズを企画し、脚本面から支えた作家として知られる。
沖縄に資料館あり。
詳しくは →第三十三夜 〜ウルトラマンを創った男たち

第81夜_萌えミリタリー.JPG

国内随一の観光地として、常に人気の沖縄ですが。
改めてその歴史を探ってみたら、あまりに悲しい出来事が多い土地でした。

中世、そこには「琉球王国」という独立した海洋王国が存在しましたが、
薩摩藩の侵攻、明治維新による本土への統合で、沖縄県となったそうです。
近代は、皇民化運動、出稼ぎ移民の増大、世界恐慌と飢饉「ソテツ地獄」、
太平洋戦争では国内唯一の戦場となり、多くの県人が犠牲になりました。
戦後はアメリカの軍政下に置かれ、多くの基地が建設され、
本土復帰後もアメリカ最大の出撃基地として、朝鮮半島やベトナムへ沖縄から爆撃機が飛び立ったといいます。

現在も沖縄には日本全体の約75%の米軍専用施設があり、さまざまな問題が残されているということです。
日米安全保障体制を担っている米軍基地。
ある意味、沖縄が「我々の平和」の代償を支払わされているのかもしれません。

沖縄の人々は、今も自分たちの文化・言葉を大切に思っているようです。
島唄という、ここで生まれたおおらかな唄には、大きな悲しみを乗り越えてきた末の明るさ、たくましさを、感じてしまいます。

日本最南端の沖縄県と周辺の島々。そこは今、外交問題で熾烈な争いが起きています。
それら外交問題の果てにあるのが戦争。戦争を「非日常の出来事」と捉えていては遅すぎるかもしれません。

ぜひアーカイブ映像をご覧下さい。


奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 10:27| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。