2016年01月29日

月与志のカルチャー夜話 第七十五夜 〜カルチャーショック★ベトナム

月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組「月与志のカルチャー夜話」

2015年6月29日放送 第七十五夜は、ベトナム旅行の思い出を語りました。
フォー・アオザイ・333!海外はカルチャーショックの連続でした。
フィナーレ直前の響け!ユーフォニアムの話題も。



【月与志のカルチャー夜話 第七十五夜 〜カルチャーショック★ベトナム】

各コーナーの詳細は以下です。

1)オープニングはいつものサブカルトーク。
子どもの頃に覚えていたとっても変わった「ドラえもん」の歌…。まぼろしの「ドラえもん」のお話し。
近頃DJ界隈で流行の和モノ、Hip Hop、音響系。
JoJoの元ネタがビートルズだということを示す幻のエピソード。
荒木マンガの美学は、悪役をかっこよく描かないこととみつけたり。

クライマックス間近「響け!ユーフォニアム」次回は特集します。
響け.JPG

2)カルチャートーク:地域文化#07 カルチャーショック★ベトナム

ベトナムを旅した時の思い出を、現地の写真をお見せしながらお話しいたしました。
美味しくて人気のあるベトナム料理。フォー(米麺)にはまって、アジア文化に興味が深まった頃、初の一人旅をしました。
今回は、個人的な旅行体験を気軽にお話ししています。

IMG_6194.JPG

ベトナムの情報、魅力、美味しい料理、美しくてリーズナブルな工芸品、アオザイ、シルク…
熱帯地域で社会主義国のベトナム。そこで感じた「カルチャーショック」をテーマに、
良いことも、そうじゃなかった驚きの体験なども、あわせてお話ししています。

大阪からベトナムエアラインでホーチミンへ。入国審査で面食らい、町中はバイクの波、信号がない、交通ルールがまず違う。
ベトナムドンに両替したら札束だらけに。近代化した町並みと、前近代的な人々。美味しい料理が町中で売られ、座り込んで食べる人々。
働く女子ども達、油を売っている男。スコールと夕涼み。日本で失われた懐かしい風景が残っているように思えました。
アオザイを着こなすベトナム女性は皆美しい!逞しい商売人たち。

元フランス領だった歴史。コロニアル建築や、フランスパン(バインミー)コーヒー(練乳入りの苦い味)
親日国で日本とのつきあいも長い。文字は漢字からアルファベット表記へ。

元大統領官邸や、ベトナム戦争を伝える施設の生々しさ。
ここではまだ戦争が終わって40年ほどなのだと感じました。

旅行中にワールドカップサッカーを現地で観戦した話。
海外で国際交流の、理想と現実。

ベトナム.png

いかにもベトナムらしい、熱帯雨林のメコン河をクルーズしました。
肥沃な土地で、採れたての海の幸、果物が豊富。料理が美味しい理由が分かりました。
恵まれた土地に住めたら、平和に暮らせるのでしょうね。

経済成長著しいベトナム。都会化する一方、少し郊外に出たら、素朴な風景が広がる土地。
人々はまだまだ素朴で、懐かしい気分が味わえました。
10年ほど前のお話しなので、今はどうなっているのでしょうか…また訪れたい国、ベトナムです。

11202101_863188033759806_6152590875747883206_n.jpg

ベトナムがいい思い出になったのは、親切なベトナム料理店オーナーと、ガイドさんのお陰でした。感謝したします!

ぜひアーカイブ映像をご覧下さい。

奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 03:37| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。