2015年12月30日

月与志のカルチャー夜話 第七十三夜 〜葛飾北斎/百日紅〜Miss HOKUSAI

月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組、「月与志のカルチャー夜話」

2015年6月15日放送 第七十三夜は、世界で最も有名な日本人画家(浮世絵師)葛飾北斎のお話し。
信州小布施の北斎館と、北斎と江戸文化を描いた映画「北斎漫画」(1981年)
アニメ映画「百日紅〜Miss HOKUSAI」(2015年)のお話も。



【月与志のカルチャー夜話 第七十三夜 〜葛飾北斎/百日紅〜Miss HOKUSAI】


各コーナーの詳細は以下です。

江戸時代の浮世絵を代表する絵師の一人、葛飾北斎。
その偉業は日本国内だけではなく、19世紀末ヨーロッパのジャポニズムを通じて、広く世界に知られておりビック(グレート)ウェーブ(冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」)と共に、世界で最も有名な日本人画家として記憶されているそうです。

●葛飾北斎について詳しくは→信州小布施 北斎館に行ってきました

●ジャポニズムについて詳しくは→月与志のカルチャー夜話 第五十二夜 〜書き初め×描き初め/ジャポニスム

こちらの放送では、北斎の浮世絵の解説など交えながら(構図など大変素晴らしいです)
また、江戸時代の文化・人々の暮らしなどにも思いを馳せながら、お話ししています。

北斎title.png

その他、北斎を描いた映画のお話し。
大昔TVで見た「北斎漫画」(ほくさいまんが 1981年松竹)が印象深く…樋口可南子さんの例のたこの場面(たこチューハイの田中裕子さんぢゃなかったのね)が子ども心にヤバかったのを覚えてます(´ω`)
※北斎の春画(しゅんが)『喜能會之故眞通 蛸と海女』がモチーフ

この頃丁度、北斎の娘 応為こと、お栄さんを描いたアニメ映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』が封切られましたので見に行きました。

■『百日紅』(さるすべり)は、杉浦 日向子(すぎうら ひなこ)さんによる日本の漫画作品。
作家でもあり、時代考証家でもある杉浦が、奇行の絵師として知られる葛飾北斎を中心とした実在の人物たちを軸に、江戸の風俗や庶民の生活を描いた傑作。恋愛、人情、ホラーといった様々な要素を取り扱う、ということです。

百日紅〜Miss HOKUSAI
(2015年)
原恵一監督がアニメ映画化。アニメーション制作はProduction I.G

四季の情緒が丁重に描かれていたのが印象的でした。船遊び・町屋の暮らし・夏の夕涼み、寒い雪の日…
人々の暮らしは四季と共にあった事を思い起こさせます。
また、アニメ映画ならではの、江戸の風景のリアル体験も見所です。両国橋長い!火事見物・花火・遊郭・ホラーまで。

今回の放送では、私なりの絵に対する思いやらなんやらを解説しております。
ぜひアーカイブ映像をご覧下さい。

IMG_6138.JPG

追記:2018年1月
感想:葛飾北斎〜富士を超えてatあべのハルカス美術館

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:30| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。