2015年12月26日

月与志のカルチャー夜話 第七十二夜 〜90'sクラブカルチャー

月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組、「月与志のカルチャー夜話」

2015年6月8日放送 第七十二夜は、90年代に興隆したクラブカルチャーのお話。
テクノ・ハウス・トランス・アンビエント…Dommuneに刺激されて思い出話も。
そして、テン年代は自身をさらして表現する映像共有時代?


【月与志のカルチャー夜話 第七十二夜 〜90'sクラブカルチャー】

各コーナーの詳細は以下です。

金沢でのドミューンに刺激を受けて、眠りを起こされたようにClubサウンドを聴き直していたこの頃。
私なりの90'sクラブカルチャーのお話しをしてみました。

個人的な「まったく新しい音」との出会いのお話しから、
ネットが無かった時代、情報がほとんど無い中、clubや輸入レコード店で音を聴き・イメージを膨らませた経験。

当時好きで音を追いかけていたアーティスト、エイフェックスツインケンイシイ竹村延和
いずれも同世代(当時20代)の若者が発信していた若いカルチャーだった事。
世界のアンダーグラウンドシーンで同時多発的に生まれた音楽だった事。

ロックとは違う、新しいサブカルチャー音楽のフォーマットだったという事。
DJスタイルのパーティー。最初は素人がDIYでレコードを作っていた、今で言う同人音楽だった!?
セールスメインではない、本当に「音を楽しむ」ムーブメントとして、パーティ・DJとリスナー(クラバー?)で流通していた音楽。

ハウス・テクノ・デトロイドテクノ・トランス・ジャーマントランス・ガバ・ハードコア・アンビエント、
リスニングテクノ・ブレイクビーツ・ハードミニマル・ドラムンベース、アブストラクト、ラウンジミュージック…
1990年代にかけて生まれては消えていった様々な音。

クラブカルチャー.png

日本でも90年代は「テクノ」が興隆しました。ケンイシイ、ススムヨコタ、電機グルーブ…

カウンターカルチャー新世代「レイブ」
ヨーロッパで若者の反社会的野外パーティがヒッピー文化と合流。
日本でもレインボー2000からメタモルフォーゼ、WIREなど有名パーティがあります。
なお、当番組は「NO!ドラッグ」を推進しています。

安心してクラブカルチャーを体験できる名店として、京都METRO(1990年〜現在)を紹介しています。

1476453_853286541416622_2268954033101136919_n.jpg

奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 22:43| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。