2015年04月09日

月与志のカルチャー夜話 第五十四夜 〜マカロニほうれん荘

墨絵作家 月与志がお送りする、知的好奇心を刺激するカルチャー系トーク番組、
「星の林に月の舟〜月与志のカルチャー夜話(つよしのカルチャーよばなし)」

2015年1月26日放送 第五十四夜は、
伝説のギャグマンガ「マカロニほうれん荘」〜鴨川つばめ先生を全力特集!魅力を語ります。
70年代の少年マンガもあわせてふり返ります。
トシちゃん感激!(●◇●)


【月与志のカルチャー夜話 第五十四夜 〜マカロニほうれん荘】

各コーナーの詳細は以下です。

オープニングはいつもの一発ネタ(´ω`)特集にあわせて…トシちゃん感激!(●◇●)
しかし我ながらひどい出来ですね(>_<)いいわけをすると、丁度こういった路線の音ネタを始めた矢先だったもので、稚拙さが目立って酷いです。
オープニングは華麗にスルーして、本編に入ってくださいませ。

私が愛して止まない「マカロニほうれん荘」について。
一読者だった、当時の事、1970年代の漫画や当時の世相、今の視点で捉えた評価、新たなモア情報まで。
トシちゃんやきんどーちゃんはもとより、マンガ家鴨川つばめ先生の事。
マカロニ好きな視聴者さんからのコメントや情報・マカロニ名セリフなども織り交ぜ、お送りしております。

オープニングトークは、祇園の舞妓さんをクロッキー。
現役の本物にお会い出来ましたというお話と、

「手塚治虫のマンガの描き方」を読んで感激!
マンガの本質は「落書き」自分の描きたい物をストレートに描く!自由奔放が魅力。
マンガは己の欲求を目に見える形にしたモノ、そこには不満・希望が含まれる、そんな表現。
若者へ。漫画はふてぶてしく描け!などなど。
手塚先生って、ロックな人だったのか(´ω`)目から鱗でした。

1)奈良巡り#06 若草山焼き
奈良の冬の風物詩。山焼きの様子を間近で撮った映像でご紹介します。
若草山焼き.png

2)カルチャートーク:マンガ#02 マカロニほうれん荘
マカロニほうれん荘は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)において1977年から1979年まで連載されたギャグ漫画作品。
作者の鴨川つばめさんは一躍人気漫画家となり(当時20歳)この時期の日本ギャグ漫画界の頂点を極めるほどの活躍を見せる。今や伝説のマンガ家。

強烈なユーモア・素晴らしいテンポ・とんがった表現。言葉では表現できない魅力に溢れています。
好みがはっきり分かれますが、興味を持ったらぜひ読んでみてください。

MAKARONIGrunge.png

1970年代としては画期的な演出。サブカルチャーなど、当時の世相を反映したネタやパロディも数多くあり。
新しいギャグ漫画として捉えられ、後に影響も与えた、という評価。

鴨川つばめ作品の特長
・リズム感(ロックフリークだった影響?)
・引用と創作。ロック・サブカルチャー・ミリタリー・エロスなどなど(90年代を先駆けていた)
いったいどこからこの感覚を身につけたのだろう?やはり天才?

私、小学校低学年でリアルタイムでチャンピオンで読んでいました。ズバリ読者世代。
私もものすごく影響を受けていることを自覚しています。子どもの頃は全部脳内再生できたと思う。台詞も言えました。

私が思うマカロニほうれん荘の魅力
・絵が上手い!
・意味不明でナンセンスな展開。
・オシャレ(でちょっとHな)扉絵。
・挿入歌 普通の漫画では考えられないぐらい多い:ノンジャンル〜洋楽・軍歌・歌謡曲などなど。

自分がどんな影響をうけているのか、ルーツをひもとくために特集したといって過言ではありません。
そして、特集にあたって、今でも熱烈なファンがいる事をネットで知り、胸が熱くなりました。

放送では、以下の内容をお話しております。
・1970年後半のマンガ誌(チャンピオン・ジャンプ)のお話し・時代背景
・作品ガイド・キャラクター紹介・見所
・鴨川つばめ先生について
・その後とモア情報
〜ほうれん荘・アップルハウスのモデルが実在する・メディア(Quick Japan・BSマンガ夜話)で取り上げられています・リメイク漫画が存在する・電子書籍化で未発表作品が初収録。

話が多すぎて、とてもここで書ききれませんので、ぜひ番組アーカイブをお楽しみください。

一回ではお話が終わらなかったため、その後の機会にお話した時の映像も繋いであります。
(第五十五夜、および第五十六夜 イラストレーター中川 学さんと共にマカロニトーク)

2009年 チャンピオン創刊40周年記念企画 ポスター 
あまりに感動して即ゲットしました。先生が今もお元気なのが嬉しかったです。

月夜54.jpg

今回、色々な想いがありまして、70'sロックなマカロニほうれん荘の世界を、以降の音楽シーンに動かしてみました。
どうも特集にあたってヘンな力が入ってしまったようで…マカロニほうれん荘の世界観と違うものがいろいろ入ってしまって、懐かしみたいという意図からはやや外れてしまいました。
海より深く反省です。

Makaroni_2sol.jpg

ともあれ、マカロニほうれん荘が、平成世代に再発見され、読み継がれていくことを願っての、全力特集でした。

※2017年2月追記
こちらの回1000回再生を越えました。マカロニほうれん荘という素晴らしい名作マンガが後世に読み継がれていく事を願っております。 しかしながらこの動画、オープニングが大変お見苦しく、内容も甘アマで今となってはお恥ずかしいもので恐縮する次第です。ぜひこちらはスルーして2016年の全力特集(マカロニほうれん荘Part2&わお!こちらマカロニ研究所)の方をご覧下さい。
月与志のカルチャー夜話 SEASON-5
・第百四・五夜 〜マカロニほうれん荘Part2
・第百六夜 〜マカロニほうれん荘Part2 わお!こちらマカロニ研究所

2)ShiShi舞Girls
今週はラフだったイラストを、アニメ風に仕上げてみました。
少しずつ仕上がっていっております。

sishiMai_アニメVer_01.png

sishiMai_アニメVer_2.png

詳しくは番組アーカイブをお楽しみください。

奈良の今を伝えるインターネット放送局 DEERs Nara Channel 生放送の番組です。
ご試聴は番組HPよりライブ放送をお楽しみください。
http://www.deers-nara.com/

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 12:11| Comment(0) | 月与志のカルチャー夜話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。