2015年03月04日

墨絵Art教室@同志社国際学院 初等部〜初日

墨絵の楽しさを体験する「墨絵Art教室」
同志社国際学院 初等部さまで授業させて頂きました。

今までも様々なイベントで出張教室を行い、様々な年代の方にお教えして参りましたが…
奈良ひとまち大学
デジタルからアナログへ!墨絵で広がる世界

小学校での出張授業は初めてのことで、やや緊張してお引き受けしました。

IMG_5320.JPG

京都の木津にございます同志社国際学院 初等部さま。
子ども達が学びやすいような様々な工夫がデザインされた美しい校舎でした。
小学校と12年制インターナショナルスクールが併設されているということで、校舎内は英語が飛び交い、国際的な雰囲気。
美術室も見学させて頂いた所、海外のアーティストの先生から本格的な西洋アートを教わっているようでした。

IMG_5318.JPG

事前訪問で生徒さん達に会ってみたところ、好奇心一杯の元気な子ども達が迎えてくれ、少し安心して、授業プランを練りました。
どんな事を伝えようか?どこまで理解してくれるだろうか?
将来、国際的な活動をするであろうみんなには、むしろ日本のことに興味を持ってもらえたら…。
考えるのはとても楽しい作業でした。

同志社墨絵教室_1.jpg

■墨絵Art教室〜初日
授業を行ったのは、初等部の2年生(小学2年生)の、1組・2組さんでした。

今回は1日2時間の授業で2日間行うので、実技の他に、プロジェクターなどを用意してお話をしました。
墨や筆のお話、奈良時代や書の歴史、漢字・ひらがなの成り立ちといったお話…
普段は大人向けに用意している内容を、なるべく分かりやすく、クイズなど織り交ぜながらの授業。
子ども達は一生懸命聞いてくれ、そして、私が思っている以上によく理解しているようでした。

IMG_5328.JPG

実技は、実際に墨を擦り筆を持って、色々描いてもらいました。
うずまきひとつ描いても、本当にいろんな表情が生まれるものです。

授業_1.JPG

初日の目標は、桜の描き方のマスターでした。
同志社といえば、創立者 新島襄と八重夫人。同校のキャラクターにもなっている八重さんに因んだ「八重桜」です。
これをもって、来週の授業は、大きな桜の木を合作します。

最後にちょっとした宿題、日本らしい文化について、色んな人に聞いたり調べたりして来て下さい。
さて、どんな一週間を過ごしてくれるかな?

授業_2.JPG

憧れだった、子ども達に伝える授業。
先生方の協力で、なんとか無事初日を終えました。

2日目の授業に続きます。
墨絵Art教室@同志社国際学院 初等部〜2日目


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 12:00| Comment(0) | 墨絵教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。