2019年01月15日

墨絵de亥年〜猪と猪八戒と水仙

平成三十一年もあけました。おくればせながら亥年の墨絵です。

亥年.jpg

【亥】
普段なかなかお目にかかる事の無い、描くのちと難しかったなぁ。
小さい子供猪にはシマウリ(縞瓜)に似た模様が現れることから「うり坊」と呼ばれているとか(大人になったら消える)そして、牙のあるのは雄です。

日本では古来より身近な食肉として鹿とともに重宝された。猪肉を「ぼたん」といいますが、獣肉食が禁忌だった時代についた隠語だとか(馬肉=さくら、鹿肉=もみじ、鶏肉=かしわ、など)
現代では農作物被害による狩猟、ジビエなどで話を聞くところ。

猪というと「猪突猛進」という言葉がありますね。
がむしゃらな勢い!みないなものしばらく忘れているな、と描きながら思った次第。とりもどさないとね。

ところで、なぜ年に動物をあてはめているのだろうと調べてみたところ、古代中国で時間や方角を表す記号として十二支が生まれ、それぞれの記号に動物名が割り当てられていたのだとか。だから数字と動物に深い意味はない、漢字(亥と猪)にも関連はないそうですよ。

しかしながら意味の無いものに意味を見いだしたがるのは人の常でしょうか。○年生まれの人は性格がうんたら的な話は万国共通のようで、海の向こうの国では、干支によって出生率まで変わる程(人気の干支に子供を産みたい等)

そうそう、本家中国では今年の干支は「豚」なのだそうですよ。
我々からすると意外でびっくりなのですが、むしろあちらが本家、日本の「猪」の方が例外のようです。

猪を家畜化したものが豚。日本では養豚が定着しなかったため、十二支では身近な動物「猪」に置き換えたらしい。そして、中国では「猪」は豚を意味する漢字なのだそうです。

そういえば!猪八戒って豚さんでしたね、確かに。


猪八戒.jpg

【天蓬元帥 猪八戒】
というわけで、今年の干支もう一枚は「猪八戒(ちょはっかい)

西遊記で日本でもおなじみ。江戸時代に紹介されて以降、現代まで繰り返し語り継がれているエンタメの古典ですね。
私的にはやはり西田敏行さん演じた猪八戒のイメージですが(若い世代は悟空と言えばD.B.ですかね?)
中国でも人間臭い(人の欲望に正直な)猪八戒は人気だそうです。

元々は天界で天蓬元帥(てんぽうげんすい)という官職にいたのだけれど、欲に溺れて追放→豚に転生→悪事を働く日々→三蔵一行と出会い改心、仏教を求める旅を助けるイマココ→お釈迦様に将来浄化を約束される・供物の残りを好きなだけ食べられる役職だってうっほ!
…なるほど憎めないキャラですね(´ω`)

むつこいのが続きましたのでw最後は爽やかに、水仙の花など。年の暮れあたりから一斉に花が咲いてきました。

190108_すいせん.jpg

【清楚な冬の花〜水仙】
雪中花、または早春の花とも。花形、葉形とも個性があって描きやすいですね。
中国では仙人を意味する花。寒中に白く咲き芳香を漂わせる事などから、清浄高雅な花として愛され画に描かれたとか。
なんとなく和花のイメージでしたが、シルクロードを経由して渡来。万葉集には登場しない。
原産は地中海沿岸で、ギリシア神話ナルキッソス(ナルシストの由来)に登場する花でした。

「白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花」〜与謝野晶子
でも本当に水仙は派手すぎず清らかで絵になるわぁ、キラやば〜っ☆

というわけで、今年は少し一歩前に出られるよう、猪突猛進を忘れず、がんばります。


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画