2019年01月15日

墨絵de亥年〜猪と猪八戒と水仙

平成三十一年もあけました。おくればせながら亥年の墨絵です。

亥年.jpg

【亥】
普段なかなかお目にかかる事の無い、描くのちと難しかったなぁ。
小さい子供猪にはシマウリ(縞瓜)に似た模様が現れることから「うり坊」と呼ばれているとか(大人になったら消える)そして、牙のあるのは雄です。

日本では古来より身近な食肉として鹿とともに重宝された。猪肉を「ぼたん」といいますが、獣肉食が禁忌だった時代についた隠語だとか(馬肉=さくら、鹿肉=もみじ、鶏肉=かしわ、など)
現代では農作物被害による狩猟、ジビエなどで話を聞くところ。

猪というと「猪突猛進」という言葉がありますね。
がむしゃらな勢い!みないなものしばらく忘れているな、と描きながら思った次第。とりもどさないとね。

ところで、なぜ年に動物をあてはめているのだろうと調べてみたところ、古代中国で時間や方角を表す記号として十二支が生まれ、それぞれの記号に動物名が割り当てられていたのだとか。だから数字と動物に深い意味はない、漢字(亥と猪)にも関連はないそうですよ。

しかしながら意味の無いものに意味を見いだしたがるのは人の常でしょうか。○年生まれの人は性格がうんたら的な話は万国共通のようで、海の向こうの国では、干支によって出生率まで変わる程(人気の干支に子供を産みたい等)

そうそう、本家中国では今年の干支は「豚」なのだそうですよ。
我々からすると意外でびっくりなのですが、むしろあちらが本家、日本の「猪」の方が例外のようです。

猪を家畜化したものが豚。日本では養豚が定着しなかったため、十二支では身近な動物「猪」に置き換えたらしい。そして、中国では「猪」は豚を意味する漢字なのだそうです。

そういえば!猪八戒って豚さんでしたね、確かに。


猪八戒.jpg

【天蓬元帥 猪八戒】
というわけで、今年の干支もう一枚は「猪八戒(ちょはっかい)

西遊記で日本でもおなじみ。江戸時代に紹介されて以降、現代まで繰り返し語り継がれているエンタメの古典ですね。
私的にはやはり西田敏行さん演じた猪八戒のイメージですが(若い世代は悟空と言えばD.B.ですかね?)
中国でも人間臭い(人の欲望に正直な)猪八戒は人気だそうです。

元々は天界で天蓬元帥(てんぽうげんすい)という官職にいたのだけれど、欲に溺れて追放→豚に転生→悪事を働く日々→三蔵一行と出会い改心、仏教を求める旅を助けるイマココ→お釈迦様に将来浄化を約束される・供物の残りを好きなだけ食べられる役職だってうっほ!
…なるほど憎めないキャラですね(´ω`)

むつこいのが続きましたのでw最後は爽やかに、水仙の花など。年の暮れあたりから一斉に花が咲いてきました。

190108_すいせん.jpg

【清楚な冬の花〜水仙】
雪中花、または早春の花とも。花形、葉形とも個性があって描きやすいですね。
中国では仙人を意味する花。寒中に白く咲き芳香を漂わせる事などから、清浄高雅な花として愛され画に描かれたとか。
なんとなく和花のイメージでしたが、シルクロードを経由して渡来。万葉集には登場しない。
原産は地中海沿岸で、ギリシア神話ナルキッソス(ナルシストの由来)に登場する花でした。

「白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花」〜与謝野晶子
でも本当に水仙は派手すぎず清らかで絵になるわぁ、キラやば〜っ☆

というわけで、今年は少し一歩前に出られるよう、猪突猛進を忘れず、がんばります。


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 墨絵・水墨画

2019年01月04日

2019年 年頭所感〜あらたしき年の始めの

2019年明けました。 皆様のご多幸と益々のご発展を祈念申し上げます。

昨年は災害の印象が強く、私も辛い思いで過ごした時がありました。
そして平成が終わり、新しい年号へ。
世の中も、そして私自身にも、新らしい季節が巡って参りますよう。

そんな気分を象徴するかのような見事な元旦の晴天、日の出の強い輝きがとても神々しく見えました。
この印象を以て、をテーマにした作品を新年に描いてみたいと思います。


月与志未_椿.jpg

さて、こちらは雪中椿
寒い季節に咲く鮮やかな椿の美しさといったら。
雪降り積もる中では尚一層ですね。

「新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事」大伴家持〜万葉集
「万葉集」最終奥義にして、新年を寿(ことほ)ぐ超定番ソングを書き添えました。

お年賀だったのですが華やぐよりはやや詫びた雰囲気でおおくりしました(好みでつ)
ところで、新しき…は、どうやら「あらたしき」とよむようですね、いやぁまいったまいった。

※古語「あらたし」が音変化して「あたらし」となり「あたらしい」になったとか。言葉はいきもの。ら抜き言葉も近い将来スタンダードになるんでしょうなぁ。


<2018年をふり返る4枚>

181224_つばき.jpg

「巨勢山の つらつら椿 つらつらに 見つつ偲はな 巨勢の春野を」坂門人足〜万葉集
和歌の世界ではどうやら有名なフレーズ「つらつら椿
巨匠の名句を引用して新しい歌を作る「本歌取り」だったとか。いまのPOPSと同じ事してたんだねぇ。

賑やかに沢山咲くさざんかと違い、椿は一輪に重みがある、という印象を持ちました。
椿についてはまた改めまして。


2018年 年頭所感をふり返りました所、己が未熟な画力を、多少でも向上させるのが目標でしたが、それは多少なりとも進歩したようです。
一度古典にどっぷりつかってみたいとも書いておりまして、それは益々継続中です。
水墨画から始まって、最近はやまと絵、和歌の雅な世界にハマリそう。

感想:物語とうたにあそぶ at中之島香雪美術館〜市中の山居に憩う

それらは、作品にも反映されています。ぎゅーんと言魂がしゃうとするのです!

墨絵アートてぬぐい〜龍田川紅葉


そもそもは、日本美術の定番、というか、やまと絵で描き継がれてきた古の花々を描きたいと思ったところ、「花」そのものをまるで知らなかったという反省から写生を始めたら、花の世界の深さ、そして自然はなんて美しいんだろうという発見がありまして。

おでかけスケッチ〜秋の草花

花を写生させてもらっていた萬葉植物園には、万葉集で詠まれた和歌が添えられておりまして、それを書き添えていたところ、和歌の面白さ、かな書の魅力に目覚め、じんわりドハマリ中です。

そんな訳で2018年秋には、墨絵アートてぬぐいの作風も大きく変わりました。

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿


金龍俯瞰.jpg

定番の竜虎図も、より進化いたしました。

墨絵アートてぬぐい〜龍虎図・黄金の風

この変化が、この数年地道に描き続けた成果だと自負する所です。


ところでこれら古典から学ぶシリーズとは別に、ファッションテーマのイラストも(密かに)長く続けておりまして。
昨年は人体を正確に描けるよう熱心に頑張りました。

01_オフショルダー.jpg

特にファッションは、頭身やプロポーションのバランス、ポージングがとても重要なことを理解しました。
さらには、服とボディのバランス、着こなしや雰囲気でトレンド感が演出できる、とか、プロのモデルさんは凄いですよねー。


05_あたらよ_コンポジションs.jpg

文化服装学院×奈良県 FASHION SHOW「あたらよ」
こちらはより自由にイメージを遊ばせて気楽に描いていたシリーズなのですが。
昨年の文化服装学院さまの学内展示に、私のイラストレーションも参加させて頂いていただくという、ぶっとび!ミラクルな事も起きました。

FASHION SHOW「あたらよ」イラストレーション展示のお知らせ

こうやって書くと、地味ながらも少しは成長があったのだな、と思い起こせます。
かつて駆け出しの頃は派手にやっていたつもりでなんだかめまぐるしく右往左往しておりましたが、描く絵もこころもなんだか浮ついていたような。
一日一歩、三日で三歩(で二歩下がる)でもいいから、今年も少しずつ積み重ねていきたいと思います。
やっぱ→いつもDO MY BEST! それしかないんです。

2019年は今までよりもっと自然に目を向けて、美しい世界を讃えるような絵が描けるようになれたらいいな。
それと、こんな私の絵でも良いとご依頼がいくつか来ておりますので、お仕事も頑張りますよ。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索