2018年12月05日

墨絵アートてぬぐい〜龍田川紅葉

竜田川紅葉.JPG

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり〜能因法師

先日、葛城山に登ってきました。
舞い落ちた色とりどりのが敷き詰められた道は素敵でした。

頂上にたどり着いたら、紅葉の木々、すすきの草原と、遥か彼方の雲海が眺められ気持ちよかったです。
この感動を絵に表現して作品づくりに生かしたい、と思い構想を練った作品です。

えーぶっちゃけ三室山には登ってませんw
ですが「千早ふる 神代も聞かず 龍田川〜」と詠んだ在原業平も現地を訪れてない(屏風に描かれた紅葉を見て詠んだとか)そうなのでまぁいいでしょ(´ω`)←いいかげん


181114_楓蔦.jpg


「三室山」「龍田川」は「紅葉」の歌枕なので、イメージの世界ということで。
とはいいながらご近所ですしね、またいずれ竜田川へ紅葉狩りに訪れてみようっと。

伏見稲荷_2.jpg

秋のおでかけスケッチで、伏見稲荷神社を訪れました。
伏見稲荷は子どもの頃から知っていたけれど、訪れたのは初めてで、なんと山頂にあるとか知らなかった。
ちょっとした登山になってしまいスケッチどころではなかったのですが。

伏見稲荷_1.jpg

登頂後なんと、この数年煩っていた症状が治りまして!ありがたい御利益があったのか、たんに運動不足が解消されたからか、とにかくプチ登山に目覚めた、というわけです。

それに山中では木々花々を沢山鑑賞できますしね。
葛城山も、春はつつじ・片栗の花・ショウジョウバカマが楽しみです。


この秋は「秋の七草」を写生しておりました。
おでかけスケッチ〜秋の草花

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿


181112_くず.jpg

秋の七草のひとつ、(くず・かずら)大和国吉野国栖が名の由来とも。
すすきと共によく見かける草だけど花は葉裏に隠れるように咲くので印象が薄い。
裏見草という別名から「恨み」に掛けた歌が詠まれる。
おなじみ狐が化ける時に頭にのっける葉がくずらしい(由来は安倍晴明の母狐)
根は巨大に育ち、くず餅や葛根湯になる。繁殖力が非常に強く海外では侵略的外来種扱い。
とまぁ意外にエピソードの多い草花でした。身近なのに全然知らなかったなぁ。


181119_あさがお.jpg

秋の七草 最後は「あさがお
万葉集で詠まれた「朝貌の花」は桔梗と目されているようです。
時代によって「あさがお」が指す品種は異なるらしい。
星形の花はとても特徴的、そこから意匠された桔梗紋は美しいですね(明智光秀で有名)
風船のようなつぼみから英名はバルーンフラワー。白色や桃色もあり。
愛好家が多いのでしょう割とよくみかけるのですが…絶滅危惧種なんですね。

とりあえず、秋の間に七草スケッチが終えられてよかったよかった。絵づくりにとても役立ちます。


山上憶良が詠んだ秋の七草に因んで、毎回和歌をへたっぴながら書き添えて練習していたのですが。
和歌かな文字の雅な世界にちょっとハマってきました。

日本において「文学」の中心はいつも「和歌」だったのです。
「雪国」でも「坊つちやん」でも「源氏物語」でも「ノルウェイの森」でもなく、五・七・五・七・七にあらゆるこころを織り込んだ短い詩、和歌こそが日本人の文学だったのです!
ぎゅーんと言魂がしゃうとするのです!

えーむちゃくちゃ言ってますねwまぁでもそれぐらい目から鱗だったってことですわ。

奈良に都があった時代の「万葉集」では、じつはまだ日本語を表す文字がなかったので、中国由来の漢字をあて字に使っていたとか。
これがいわゆる万葉仮名とか「変体仮名」ヘンタイすぎてわたしのような凡人には読めませんが、そこから発展して「かな」という独自の表記文字が生まれたというわけです。

日本独自の文化が熟成されたという平安期に生まれた「かな」や、「和歌」(やまとうた)は、「大和絵」(やまとえ)と同じく、日本独特の美意識の源泉なのだろうと思うと胸アツわくわくしまする。
という意味不明なモチベーションを持って、来年の墨絵アートてぬぐいはより雅にいきたいなぁ。

朱美鳥2.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


181203_さざんか.jpg

花枯れる季節の今、驚くほど花盛りなのが、さざんか。
よく見るとバラのような豪奢さもありますね。
椿とほとんど見分けがつきませぬ(´ω`)

冬は梅、そして春の桜を描くのが今から待ち遠しいです。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい