2018年11月05日

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき〜猿丸太夫

鹿_2.jpg

秋晴の日はいつもの公園にスケッチへでかけます。
春は花盛り、夏は緑が生い茂っていたのが嘘のように、今は寂しい風景でした。

そう、寂しいのですが、葉の落ちた枝に少しだけ残る紅葉の佇まいがまたなんとも良い、と思えたり。
冷たそうな池を泳ぐ水鳥、寒空にすすきが広がる風情に響きわたる鳥の声。
そんな中みつけた、一輪だけぽつんと咲いている撫子に、ちょっとしたときめきを覚えたり。
寂しい光景にもなんとも不思議な感動があるものですねぇ。

181023_なでしこ.jpg

自然の中で感じたものは心の中にあるもので、いくら撮っても写真には映っていません。
心で感じた感動を表現するのは、やはり絵描きの仕事なのでしょう。
そんな事に思い至った今年の秋。

鹿_1.jpg

ちょっと良い絵が描けました。
鮮やかだけど、秋ならではの寂しさ、わびしい風情を心に留めて表現しました。
今までの私の作品に無かった、そして目指していた理想の絵にようやく足を踏み入れたという喜びがありました。

これは今年始めた花の写生や、この数年続けている野外スケッチがようやく身になってきたのでしょう。
おでかけスケッチ〜秋の草花

何が嬉しいかといいますと、この数年、地道に努力し続けてきたことがようやく実を結んできたように感じるからです。

思えば墨絵を描き始めた頃は、ビギナーズラックで色々注目されたのをいいことに…
やれ墨絵ライブパフォーマンスだ、墨絵師ライブ早描きだとか、故きを温ね新しきを創るだとか、大胆さと繊細さの融合とか、なんともイタイ事を言ってのけたり、
あまつさえ伝統ある書道大会に乱入してトンデモ書道を披露したり、ネット生中継で恥ずかしいトークを垂れ流したり…駆け出しの怖い物知らずといいましょうか、今となっては黒歴史でしかありませんw

まさに中二病乙!墨絵アーティストから脱して、もう少しまっとうな絵描きになりたいと志し、この数年は外遊を控え、絵の基本に向き合い、古典を学ぶことに専念しております。
その成果がようやく僅かながら身についてきたことが嬉しい。ほんと地味な変化ですが、学問に王道なし、芸事に近道なし、急がば回れ、と申します。

かつての月与志を知ってくださっている皆さまに言いたい、いつまでもヘタクソとおもうな、よ!(´ω`)

まー自分はそんな真面目な性分ぢゃないと思ってたのですが…やはりこういうのが本当だとおもうので、真面目にこつこつやるのも悪くないなぁと。
まぁまたそんな機会が来たらたまにはアホな事してもいいのかもね、そもそもまだ、へたっぴですしねぇ。

ところで、今回の絵に描き入れた「秋の七草」

181030_おみなえし.jpg

おみなえし〜女郎花
黄色の小さな花が愛らしい。古典の秋主題画に必ず出て来ます。
秋の七草を知ると、日本美術が身近なものになりますね。


181105_おばな.jpg

すすき〜尾花・薄
十五夜のお月見で萩と共におなじみのすすき。秋になると何処にでも目にします。
藤袴や女郎花はほぼ目にしませんが…すすきは文字通り根強いのですね。
かつては(かや)と呼ばれ、茅葺き屋根に使われていたとか。


鹿スケッチ.jpg

奈良をテーマに描きながら、今まで描けなかった鹿。
鹿が何故人気なのか…描いてようやくその特長を掴みました、魅力は…美脚にありw


朱鳥.jpg

墨絵アートてぬぐい、お陰様でこの秋も好評です。
絵を納めに奈良市内に出ましたら、驚くほどの人出。正倉院展と観光シーズンで多くの方に観て頂ける機会です、随時補充しておりますので、奈良にお越しの際はぜひご覧下さい。

墨絵アートてぬぐい〜2018秋の作品

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい