2018年11月28日

感想:藤田嗣治展 at京都国立近代美術館〜乳白色の夢・戦争・祈り

京都国立近代美術館で只今開催中の「没後50年 藤田嗣治展」に行って参りました。
今回は早速blog記事としてアップいたします。

フジタ2.jpg

没後50年 藤田嗣治展 | 京都国立近代美術館

厚塗り西洋絵画に興味はなかったのだけれど、レオナール藤田に関しては、NHK日曜美術館で見た晩年の宗教絵画がとても美しかったのと、公開された晩年の録音テープを聞いたらなんだかおもろいおっさん感が気に入って、回顧展に足を運んでみました。

たまたま生誕祭のイベント日で、いつも静まりかえっている京都近代美術館が賑やかで、丸めがね(自前)で記念撮影&ポスカげっと。

ふじたコス.jpg

藤田嗣治というと、パリで成功したけど日本では評価されない不遇な画家という事と、日本の戦争画の代表作として挙げられる一枚を描いた人としても知っていた。
しかし乳白色のパリジェンヌと砕玉する軍人たちはあまりにかけ離れていて、結びつく事は今日まで無かったのだけれど、没後五十年の回顧展で彼の人生を一望することで、実に数奇な運命を辿った一人の画家を知る事となりました。
ぶっちゃけ絵よりもフジタ自身が面白かったです(´ω`)


若い頃の出世作「乳白色の裸婦」は確かに独特で美しかった。
面相筆を使って墨で輪郭線を描く(東洋画の特長)と聞いていたのでこれは墨絵だとこじつけようと思っていたら、黒の背景マチエールといい、塗り残して肌の白さを浮き立たせる手法はまさに墨絵(もっとも地肌は紙の白ではなく藤田秘伝レシピによる下地)だけど、描画そのものは親友モディリアーニやエコール・ド・パリの画家たちが描くモチーフと同様で、これはこれで「和魂洋才」だなと(横山大観のそれとはまた違う)それにしても女性ヌードが伝統的な主題とはおフランスってエッチスケッチワンタッチなお国ですなぁ(´ω`)
※そういえば乳白色の光彩に既視感あったのは、フジタリスペクト宇野亜喜良先生ですな

フジタはパリでオリエンタル感を売りにしつつ本当にガチで大成功してたみたいです。
で、ここまでだったら、ああこの時代の流行りの絵を描いたヲサレ絵描きさんで終わっていたのだけれど、ここから急転直下、パリを脱して南米に渡り旅する画家になったり日本に戻って地方を巡ったりで画風もモチーフも激変したのは驚いた。

フジタのとても面白い所は沢山の自画像を描いていて、その時々の自分を演出する事に長けている事。
パリ時代、おかっぱ丸めがねピアスで筆硯を持って猫と暮らす自画像は東洋からきたお調子者(FouFou)のイメージ戦略に満ちていたし、後に帰国して描いたというアトリエでの自画像では、日本調の物に囲まれべらんめぇな江戸っ子に様変わりしていてさすがに草生えるwww これはコスプレ自撮リストですわ。
晩年は自作のラジオドラマ風の遺言テープも作ってたしフジタって現代人に通じるメンタル持ってたんじゃないかな、と思った次第。

そんな彼がおかっぱを丸刈りにして(イメチェンするところがらしいよね)描いた作戦記録画
戦争画の代表作みたいなイメージがある「アッツ島砕玉」は、それまでのフジタの作品のどれとも違う独特のエグイ感じ。
ドラクロワなどの西洋の「戦争画」を研究した成果らしく本人も特別な思いを述べているとか(こんな才能の使い方ってどうよ?)
藤田家は陸軍関係者の多い家柄(父は最高位の軍医)だったそうで、ここで認められることはフジタにとって大きいことだったのでは、と想像しました。
戦後、戦争協力者と批判され追われるように日本を去ったのは知っていたのだけれど、渡米した4年後にニューヨークで個展を開いていたのは流石に衝撃の事実でした…。

その後フランスに帰化し洗礼を受けレオナールフジタと改名(レオナルドダビンチにあやかった命名とか)新しい時代のパリを描く事を試みたという後半生の作品は成熟した凄みがあり、特に自らの信仰を描いたという最晩年の宗教画は心惹かれるものがありました。
フランドル派やもっと古いフレスコ画など西洋の伝統絵画をよく学んでいたそうで、その上に彼独特の画風もちゃんと入っていて、こりゃすごい、と。
本格的な宗教画の他に、ややメルヘンチックな子どもモチーフの小品も沢山描かれていて、これがまた可愛くおしゃれすぐる!

エコール・ド・パリ時代のフジタの作品は流行に乗った最先端の絵画、軽快でキャッチー、悪く言えば軽薄だけど、後半生は重くてシリアス、時々面白いw、最晩年は純粋な信仰心と無邪気な子どもに帰ったような作品世界。
生涯を通して見る回顧展ならではの見応えでございました。


フジタ1.JPG


古美術好きなので例年は京都博物館に通う事が多いのですが、今年は京都国立近代美術館に足を運ぶ事が多かったなぁ。
生誕150年〜横山大観展、生誕110年〜東山魁夷展、没後50年〜藤田嗣治展と、日本画ビッグタイトルが続きました。

感想:東山魁夷展 at京都近代美術館〜美しすぎる障壁画の世界

横山大観展は感想記事をまだ書いておりません。生々流転とかぜひ語りたいのだけれど、そろそろ落ち着くかと思うのでいましばらくお待ちください。
2019年は京都市美術館の再開に期待ですかね。


以前番組で、戦争と芸術について特集した事がありました。
終戦の日に考える。絵画・文学・音楽・映画など芸術が戦争にどのように協力したか?
従軍画家藤田嗣治氏と、戦後GHQに没収され日本に返還された戦争記録画から会田誠「戦争画 RETURNS」のお話とか。


月与志のカルチャー夜話 第百十八夜 〜戦争に協力した芸術


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想:近現代

2018年11月11日

墨絵アートてぬぐい〜龍虎図・黄金の風

金龍拡大.jpg

白虎拡大.jpg

欠品しておりました龍虎図を新たに納品しました。
けしてお安い訳ではないのですが…龍虎セットでお求め頂いているのはありがたいです。
定番として磨きをかけていきたいと思います。

前回の朱×墨はちょっとどぎつかったwので、今回は金色を使ってみたところ、とても上品に収まりました。
光り輝く金から墨までのグラデーションというのはなかなか魅力的ですね。
よい発色で使えるよう工夫していきます。

鳳凰や麒麟などの霊獣も構想してはいるのですが、まだまだ描き込まねばできませんねぇ。

沢山の方に見て頂けるよう奈良風景も欠品分を納め充実させました。
紅葉が美しい秋の奈良へ、墨絵アートてぬぐいもぜひご覧下さい。

正倉院展も…明日で終わりですなぁ…メガめちょっく!
というわけで、次は新年を迎えるおめでたい画題で描きます、お楽しみに。

紅葉は今が見頃ですね、山奥を散策したいなぁ。
木々や花草を注意深く見るようになったら、普段歩く道でも十分楽しめますが。
庭先やちょっとした空き地にも草花はおりますからね。

今日はコンクリートで固めた隙間に、根を張って咲いている花に目が留まりました。
花壇とか、いってみれば華やかなステージで咲く花ばかりではなくて、
こんな誰の目にも止まらない場所でも、懸命に咲いて命を全うしようとする存在がある…
なんだか自己を重ねてそんな事を感じてしまいました。

そう、この月与志にも譲れない夢がある!
私も「黄金の風」を吹かせたい(´ω`)という願いをこめた龍でした。

金龍俯瞰.jpg

白虎俯瞰.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2018年11月05日

墨絵アートてぬぐい〜紅葉に鹿

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき〜猿丸太夫

鹿_2.jpg

秋晴の日はいつもの公園にスケッチへでかけます。
春は花盛り、夏は緑が生い茂っていたのが嘘のように、今は寂しい風景でした。

そう、寂しいのですが、葉の落ちた枝に少しだけ残る紅葉の佇まいがまたなんとも良い、と思えたり。
冷たそうな池を泳ぐ水鳥、寒空にすすきが広がる風情に響きわたる鳥の声。
そんな中みつけた、一輪だけぽつんと咲いている撫子に、ちょっとしたときめきを覚えたり。
寂しい光景にもなんとも不思議な感動があるものですねぇ。

181023_なでしこ.jpg

自然の中で感じたものは心の中にあるもので、いくら撮っても写真には映っていません。
心で感じた感動を表現するのは、やはり絵描きの仕事なのでしょう。
そんな事に思い至った今年の秋。

鹿_1.jpg

ちょっと良い絵が描けました。
鮮やかだけど、秋ならではの寂しさ、わびしい風情を心に留めて表現しました。
今までの私の作品に無かった、そして目指していた理想の絵にようやく足を踏み入れたという喜びがありました。

これは今年始めた花の写生や、この数年続けている野外スケッチがようやく身になってきたのでしょう。
おでかけスケッチ〜秋の草花

何が嬉しいかといいますと、この数年、地道に努力し続けてきたことがようやく実を結んできたように感じるからです。

思えば墨絵を描き始めた頃は、ビギナーズラックで色々注目されたのをいいことに…
やれ墨絵ライブパフォーマンスだ、墨絵師ライブ早描きだとか、故きを温ね新しきを創るだとか、大胆さと繊細さの融合とか、なんともイタイ事を言ってのけたり、
あまつさえ伝統ある書道大会に乱入してトンデモ書道を披露したり、ネット生中継で恥ずかしいトークを垂れ流したり…駆け出しの怖い物知らずといいましょうか、今となっては黒歴史でしかありませんw

まさに中二病乙!墨絵アーティストから脱して、もう少しまっとうな絵描きになりたいと志し、この数年は外遊を控え、絵の基本に向き合い、古典を学ぶことに専念しております。
その成果がようやく僅かながら身についてきたことが嬉しい。ほんと地味な変化ですが、学問に王道なし、芸事に近道なし、急がば回れ、と申します。

かつての月与志を知ってくださっている皆さまに言いたい、いつまでもヘタクソとおもうな、よ!(´ω`)

まー自分はそんな真面目な性分ぢゃないと思ってたのですが…やはりこういうのが本当だとおもうので、真面目にこつこつやるのも悪くないなぁと。
まぁまたそんな機会が来たらたまにはアホな事してもいいのかもね、そもそもまだ、へたっぴですしねぇ。

ところで、今回の絵に描き入れた「秋の七草」

181030_おみなえし.jpg

おみなえし〜女郎花
黄色の小さな花が愛らしい。古典の秋主題画に必ず出て来ます。
秋の七草を知ると、日本美術が身近なものになりますね。


181105_おばな.jpg

すすき〜尾花・薄
十五夜のお月見で萩と共におなじみのすすき。秋になると何処にでも目にします。
藤袴や女郎花はほぼ目にしませんが…すすきは文字通り根強いのですね。
かつては(かや)と呼ばれ、茅葺き屋根に使われていたとか。


鹿スケッチ.jpg

奈良をテーマに描きながら、今まで描けなかった鹿。
鹿が何故人気なのか…描いてようやくその特長を掴みました、魅力は…美脚にありw


朱鳥.jpg

墨絵アートてぬぐい、お陰様でこの秋も好評です。
絵を納めに奈良市内に出ましたら、驚くほどの人出。正倉院展と観光シーズンで多くの方に観て頂ける機会です、随時補充しておりますので、奈良にお越しの際はぜひご覧下さい。

墨絵アートてぬぐい〜2018秋の作品

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい