2018年09月05日

墨絵アートてぬぐい〜竜虎図

龍図S.jpg

虎図S.jpg

久しぶりに龍を描きました。
中世の絵師が描いていたような古典的な表現が好きなのですが、今回は今までで一番現代的な竜虎図となりました(当社比べ)

想像上の神獣「」は、東洋の長い歴史の中で様々に描かれてきておりまして、そのデザインも時代や地域で少しずつ変化していて興味深いです。
いわば答えのない姿を人々が受け継いで描き、いつの時代も人気があるというまさに伝説の存在。

現代も多くの絵師が龍を描いておられるので、私も描くのには少し気合いが入る特別な画題です。
まだまだ古典から脱しておりませんが、月与志らしい龍を目指しております。

私が思う「龍」は大気のうねりともうしますか、自然そのものを人が捉えた形として生まれたのかな、と。
なのでだいたい何時もこのような表現になっております。

人知の及ばない神々しい存在でもあり、時に恐ろしい側面も持つ…と記事を書いている今、しみじみ思うところです。平成最後の一年は自然がもたらす災厄で大変な年となりました。

こちらはご注文品でしたので、手間暇をかけて制作することができました、ありがとうございました。

龍図L.jpg

虎図L.jpg

夏に水墨画の大作「生々流転」を横山大観展で拝見しまして、大気の息吹や、光と闇を巧みに水墨で表現されているのに大変感銘を受けました。
墨の美しさを活かすにはどのように心がけるべきか…今回は早速その学びを生かして取り組みました。
詳しいお話はまた改めて記事に書きます。

おでかけスケッチ〜花と風景/暑中お見舞い2018夏


藤に蘭稜王.jpg

こちらは蘭陵王を単独で半巾サイズに描いたものです。
舞楽でよくお見かけする「蘭陵王」を藤と共に。
墨絵アートてぬぐい〜奈良風景 2018夏

次は大和猿楽(能楽)を描いてみたいなー。

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい