2017年09月09日

感想:「なまくら刀」公開100周年記念祭 at 京都国際マンガミュージアム

2017年7月、100年前に作られたという日本初の国産アニメ「なまくら刀」の上映会に行ってきました。

今年は国産アニメーション100周年ということで、NHKで「ニッポンアニメ100」など興味深く見ておりましたが、本物のフィルムによる再現上映は、またとない貴重な体験でした。

現存最古の国産アニメーション映画『なまくら刀』を含む戦前期のアニメーションに、活動写真弁士と生演奏をあてた再現上映と、アニメーション史研究の第一人者によるトークイベント。

「にっぽんアニメーションことはじめ〜「動く漫画」のパイオニアたち〜展」関連イベント
『なまくら刀』公開100周年記念祭

京都国際マンガミュージアム


■「なまくら刀」活弁上映会
日本でアニメーションが作られた最初期は、なんと大正時代。
その黎明期の作品の多くは失われているのですが、近年、大阪で奇跡的に発見された作品が「なまくら刀」。
その作品の記念すべき日に行われた、当時の雰囲気を再現した活弁上映会でした。

活動写真弁士さまの実に楽しげな言い回しと、映画伴奏者さまの生演奏によるかけあい。
さらに手回しの映像も緩急があり、三者によるライブ感に溢れる上映会
きっと観客も大いに笑い盛り上がったことでしょう。今の映画体験とはまた違う世界がそこにはあったようです。

IMG_3430.jpg
こちらはその映写機(撮影可でした)
映像研究家の先生が四天王寺の骨董市で発見したそうで、先生自ら手回しの上映でした。

これらは当時「まんが映画おもちゃ映画」と呼ばれ、なんと!ご家庭の映写機で鑑賞されていたのだとか。(映画館のフィルムもバラして販売されていたとか)
大正時代にホームシアターがあったとは、戦前の日本はやはり豊かだったんですねぇ。

上映会では「なまくら刀」の他にも、当時の子ども向けアニメーション映画(おもちゃ映画)を再現したものを幾つか見せて頂きました。
印象に残ったのは、浦島太郎や一寸法師など誰もが知っている昔話をベースにした創作物語で、そこになぜか忠臣蔵や加藤清正なども登場して、当時の子ども達のヒーロー大行進というところでしょうか(ある意味、現代の二次創作ものと近い構図ですね)
子どもが主人公だけど潜水艦とか軍艦とかのお話しとか、これが大正・昭和の男の子の憧れなのかな、と。(ソレイユ的な少女むけのまんが映画もあったのかな?)

そうそう「なまくら刀」で何が驚いたかというと、想像してした以上によく動くんです。
なにしろ最初期のアニメ、きっと紙芝居みたいと思うじゃないですか。
僕らが子どもの頃に見ていたテレビまんが(いわゆるリミテッドアニメーション)のほうがよっぽど紙芝居…(´ω`)
日本最初期のアニメは、アメリカ等の進んだアニメーション映画を研究してつくられていたからのようです。


■日本アニメーション文化史
日本の古いアニメ、というとなんとなく虫プロの「鉄腕アトム」と思っておりましたが、実はそれ以前に豊かなアニメーションの時代が存在したという事を知りました。

明治・大正時代、大衆の娯楽として大人気だった映画。その幕間などに上映されていた短編アニメーション(外国産)が徐々に人気に。
そこで国産のアニメーションを作ろうという動きが映画会社であり、当時の画家や人気漫画家に声がかかって研究が始められた、という経緯。
彼らは当然専門の教育を受けていないわけで、独自の研究と工夫でつくったということだからすごい。
(因みに漫画も当時は戯画やぽんち絵といって今とはちょっとイメージが違います)
この辺りの黎明期のお話しが、専門家さまによる講演と、展示(にっぽんアニメーションことはじめ〜「動く漫画」のパイオニアたち〜展)で詳しく興味深かったです。

彼ら先駆者の努力により、昭和初期にはアニメーション制作がブームになったそうですが、そこで語られ期待されていた事が国策的な事柄というのが時代を感じます。
アニメーションを含む映画がプロパガンダと結びつき、戦時下の「桃太郎の海鷲海の神兵」に繋がっていったのでしょう。

戦後のアニメーションでは「東洋のディズニー」を目指して設立されたという「東映動画」が素晴らしい名作を残していると聞きます。
手塚治虫先生以前のアニメや漫画にもいつか触れてみたいなぁと常々思いつつ。

そう、その手塚治虫先生ですが、今回の展示で興味深い、マンガの一場面が紹介されていました。
今まで先生が影響をうけた先達の漫画のキャラクターが一堂に会している見開きが何かの作品であるそうで。
そこに松本零士先生の注釈〜未来へ繋がっていく・バトンを託していくもの〜とありまして、これがマンガという文化なのだなぁと印象深いものでした。

追記:
今回記事を書くにあたって調べていたら、こんなコンテンツみつけました。
日本アニメーション映画クラシックス
祝!国産アニメーション生誕100年。日本の初期アニメーション映画を公開中!

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

昭和のテレビまんがについて特集なんかもしてたり
月与志のカルチャー夜話
http://tsuyoshi-jp.com/activity/media/culture_yawa.html
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想:サブカルチャー

2017年09月04日

朱鳥さま 墨絵アートてぬぐい 2017晩夏

墨絵アートてぬぐい、充実して参りました。

shishi.JPG

大文字焼.jpg

IMG_4476.jpg

IMG_4480.JPG

品薄状態が続いておりましたが、只今秋に向けて集中制作に入りました。
どうぞ奈良にお越しの際はお立ちよりください。

獅子_吽.JPG

金魚.jpg

秋には正倉院展がございます。
今年も朱鳥さまブースで出展予定ですので、在庫を切らさぬよう準備を進めております。
どうぞお楽しみに。

昨年(2016)の記事→第68回正倉院展始まりました/墨絵てぬぐい

前回の記事→朱鳥さま 墨絵アートてぬぐい 2017夏

出来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最近はblogで紹介するまでに出てしまうことが多いので…
SNSの方をチェックくだされば早くお伝えできると思います。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい

鶴松.jpg

最近は水墨画の魅力に取り憑かれつつありまして、徐々に表現が広がって来ています。
秋頃にはどのような絵ができますか…楽しみです。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい