2019年06月11日

墨絵アートてぬぐい〜2019春夏・藤・山吹・八重桜

日本の花と歌シリーズ、春から初夏の新しい作品をお納めしました。
前回記事のスケッチから、山吹八重桜の三花を作品化しました。

【八重桜】
いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな 〜伊勢大輔 百人一首

やえざくら.jpg

見た目に麗しい桜です。こちらは奈良公園で見かけた八重桜から。
写真では伝わりませんが、豪華な雰囲気を醸す工夫を入れています。


【山吹】
山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに行かめど 道の知らなく 〜高市皇子 万葉集

やまぶき.jpg

明日香村万葉文化館の庭園で見つけた山吹から。
八重山吹が華やかでしたが、歌の雰囲気から一重にしました。
個人的にはかな書も含め最もシンプルに構図がまとまった佳作ではないかと。
飛鳥・奈良時代の出来事に詳しくなると、悲劇の皇子や姫の歌は必ず入れたくなりますね。

【藤】
恋しけば 形見にせむと わが屋戸(やど)に 植ゑし藤波 いま咲きにけり 〜山部赤人 万葉集

ふじ.jpg

萬葉植物園の藤苑で取材した藤より描きました。
さすが藤は絵になりますねぇ。
砂ずりの藤と鹿をあわせた長物(てぬぐいサイズ)を構想してます。

花に関する詳しい内容は、こちらの記事をご覧下さい。
おでかけスケッチ〜嵯峨野・嵐山/春の花々〜桜・山吹・藤・躑躅


すっかり季節の花々にはまっている今日この頃です。
最近ようやく荒れ果てていた庭を手入れして、少しずつ花を植える試みを始めました。
手元に置いて毎日観察したら、もっと花の事が分かり、美しく描けるはず。

昔の絵師は、師匠に弟子入りしたら「何でもかんでも描くんじゃねぇ、まず一つのものを極めろ」と諭されたそうで。
私も先ずは、花にじっくり向き合ってみたいと思い、始めました(といってもまた花で目移りしている次第)

観察すると、花々にはひとつひとつ特長があります。それをどう抽出して美しい形に造形するか。
また、画面にどうレイアウトすれば美しく映えるか。
花は単純でシンプルだけど、工夫次第でいくらでも広がりが出せる、とようやく実感するようになりました。

いや、そもそも和歌の書だけ取りだしても、どこで改行するか、どの文字を漢字にし、仮名にするか。
ひと文字の配置、変形具合、前後のつながり、行間・字間。
さらに濃淡や、滲みと掠れのコントラスト、と表現の幅はとっても広く、墨一色でも十分楽しめます。

それに、鮮やかな花図との対比や構成があるのですから、たかが花と和歌というなかれ、奥深いものがあります。
これだけで十分、描写や構成の学びになりますので、龍やら侍やら描くのはまだまだ早かったようですね。

ところで、庭の雑草たちは非常に生命力が強く、刈り取っても数ヶ月でまた勢力を伸ばしてきて驚きです。
この世で一番生命力が旺盛なものは植物というのも納得、数百年〜千年生きる木樹もあるといいます。
一方花々は水がないと直ぐに枯れ、手入れ次第では花も付けないという繊細さ。
スケッチする暇がないうちにあっという間に萎んでしまう…なんでしょうこの両極端。


【和歌について】
まだ和歌の世界は入門ぐらいのものですが、万葉集などの古代の歌と、百人一首の平安貴族の和歌では随分趣が違うと思い始めました。
万葉歌人の頃は、中国の教養をお手本に、歌も公式行事のようなかしこまった感があるものが多い印象ですが(庶民の歌は別)
平安時代は、中国の影響が薄れた国風文化の時代、仮名も生まれ、和歌そのものも洗練され、技巧に優れ、バラエティに富んだものが多い印象です。

このblog的に例えると、万葉の時代は、昭和初期の歌謡曲フォークのような素朴さ。
平安時代は、1980年代の歌謡曲黄金時代のように、それまでの積み重ねが文化として花開いたかのようです。
つまり額田王美空ひばりなら、紫式部ユーミンで、小野小町松田聖子ということですね(´ω`)

それはともかく、背景を知るほど、作品に書く和歌は奈良に縁の深い万葉集より選ぶことが自ずと増えてきました。
しかしながら万葉集は、万葉仮名のイメージ。平安時代に完成されたというかな書風に書くのはいかがなものか、と思ったりするのですが…。
視覚的な美しさを優先して、今はこのスタイルで。恐れながら額田王には十二単を着て頂きます
(尚、墨絵アートてぬぐいにする時点では変体仮名は極力使わないようにしています)

次は初夏のきらやば☆な花々を描きたいな。


春にお納めした早春の花々。
墨絵アートてぬぐい〜2019春・桜・桃・乙女山茶花・水仙


前回お納めした「令和」の作品
墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜

墨絵アートてぬぐい〜令和染め

染めの質感は心引かれます。またやりたいなぁ。



来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。
最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい

2019年06月05日

おでかけスケッチ〜嵯峨野・嵐山/春の花々〜桜・山吹・藤・躑躅

気がつけばもう初夏のような暑さですが、いかがお過ごしですか?
出遅れましたが、春のスケッチをモア情報付きででご紹介したいと思います。
例によってくどくど長いですがw最後にきらやば☆な告知もありますので、最後までお読みあれ。

190522_ふじ.jpg


【おでかけスケッチ〜嵯峨野・嵐山】
昨年の大原三千院が大変好評だったので、今年の春の遠征も観光名所へ。
前回も書きましたが「嵯峨野嵐山」へ行ってきました。

参考→お出かけスケッチ〜京都大原三千院

嵯峨嵐山01.jpg

代表的なランドマーク、渡月橋のある風景を描きたかったのです。
私が学生の頃は、この辺りはタレントショップがひしめいていたのですが(北野印度会社の福神漬けとか)バブルとともに去りて諸行無常、今はすっかりお洒落になった感です。

嵯峨嵐山03.jpg

ちょうど開催中の三船祭に遭遇。平安時代の雅に触れました。
古より風光明媚な土地だったため嵯峨天皇の時代より貴族文化が栄え、今に至るとか。

嵯峨嵐山02.jpg

竹林の道から野宮(ののみや)神社へ。
樹皮ごと原木をまるっと使った「黒木の鳥居」。
形としてのみは日本最古の鳥居形式を伝えているとか。うう、奈良の面目が…w

伊勢神宮の斎宮(巫女)に選ばれた皇女が、伊勢に行く前に身を清めた場所だそうで。
源氏物語にも登場する神社…どんなシュチュかだいたい想像がつきますねぇ…光殿w

嵯峨野は平清盛からの寵愛を失った祇王(ぎおう)ゆかりの地、だったり。
(祇王の夢と祇女の涙〜♩という歌が好きでした…白拍子の姉妹の名だったのですね)

小倉山百人一首の生まれた地だったり。
(藤原定家がこの地に小倉山荘を造営し小倉百人一首を撰んだと伝えられる)

所々で清少納言に出会ったり(本人ぢゃないよw)さすが京都の名所という歴史的奥深さです。

さぞかし趣深い体験をしたかのように書いてますが…実際は観光客だらけですし、一歩あるけばお土産物や甘味の誘惑に絡めとられ…まぁ情緒とはほど遠かったなぁ、ぐはっ

そこに行くと奈良は、観光化がいい意味でまだ緩やかで、情緒を感じられる土地が沢山ありますよ。


【春は桜を求めて奈良巡り】
春の花を求めて今年は取材を重ねました。

IMG_9404.JPG

奈良の大仏で有名な東大寺庭園の桜

IMG_0317.jpg

萬葉植物園の藤苑

IMG_9582.JPG

こちらは明日香村の飛鳥寺。蘇我馬子により創建された日本初の本格的寺院です。

「奈良には二つの大仏しか存在しない、飛鳥大仏か、飛鳥大仏以外か、だ」(名言風に言ってみた)

IMG_0387.JPG

葛城山の躑躅(つつじ)登山した日はまだつぼみでしたが。
これら花を求めて旅した成果がこちらです。


【おでかけスケッチ〜春の花々・桜・山吹・藤・躑躅】

【自然の桜〜ヤマザクラ】
奈良吉野山・京都嵐山の桜など、古く和歌に詠まれる桜はヤマザクラ。
万葉文化館で美しい近代美人画の精華を見ましたが、古典で愛され描かれるのはヤマザクラですね。

対してヤエザクラなど人里に咲く人工品種はサトザクラと呼ばれる。
派手で人目を惹く園芸品種は人気があるけど、和花は控えめで儚いからこそ美しい。
とはいえ、今時の萌絵ならソメイヨシノがふさわしいのだろうね。

190501_やまざくら.jpg

青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり 〜小野老 万葉集

都から遠く離れた土地で詠んだ望郷の歌だそうです。
咲く花が桜とは限らないけど、現代のイメージではこの歌は桜を連想させるので、あわせました。
青丹よしは「なら」にかかる枕詞。ならも沢山の当て字があるね、平城・寧楽・那羅…


【奈良の都のヤエザクラ】

八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。ボタン桜とも呼ばれる。
野生のヤマザクラ等と比べると、ボリューミーで豪華な印象です。

190502_やえざくら.jpg

桜を詠んだ最も知られた和歌は百人一首にもあるこちら。
いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな 〜伊勢大輔

当時もう既に古都だった奈良より、平安京の宮中へ珍しい八重桜が献上された時に詠まれたとか。
作者は藤原道長・一条院・紫式部と関わりがあった伊勢
ちなみにナラノヤエザクラという貴重な品種も奈良公園には点在しているそうです。


【山吹】
春の終わり頃に明るい黄色が鮮やかなヤマブキ。
万葉集に山振(やまぶり)と詠まれている、古くからの日本原産種。
古歌では「蛙〜かはづ」とともに詠み合わせられるとか。

190508_やまぶき.jpg

山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに行かめど 道の知らなく 〜高市皇子 万葉集

山吹の黄色と、清水の湧く泉で「黄泉」(よみ)を暗示しているといわれます。「壬申の乱」に運命を翻弄された高市皇子と十市皇女にまつわる悲しみの歌です。


【八重山吹】
庭栽培で好まれる八重咲きの山吹。
バラ科らしい豪奢な雰囲気の八重は庭に植えられているのをよく見かけます。

古歌に詠まれるので古くから存在していたようで、最も有名なのは、江戸城を建てた大名、太田道灌八重山吹の逸話。
その元になった歌は、八重山吹の花は実を結ばないことを詠んでいる。

190510_やえやまぶき.jpg

七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞあやしき 〜兼明親王 後拾遺和歌集

後の世で太田道灌の逸話として引用され「悲しき」と改変された模様。(逸話は正直ぴんとこないので割愛)
あ、山吹といえば時代劇でおなじみ「やまぶき色の菓子」ですかね。


【万葉の時代から愛された藤】
古より親しまれた藤の花は日本原産。
真っ先に思うのが春日大社の銘木〜砂ずりの藤に代表される藤棚。
GW頃に見頃となる萬葉植物園の藤苑、今年も見事でした。

190522_ふじ.jpg

春日大社の神紋は「下がり藤」平安貴族 藤原氏の象徴。
源氏物語でも藤や紫色は重要な使われ方をしている気がします。
また武家の世では、黒田家の家紋「藤巴」が有名。

時代下って「藤娘
男らしい「松」に絡み付く艶っぽい「藤」
庶民の間では色恋事の遊女や精霊として藤のイメージが定着していたようです。

藤は豆科のつる性植物。
房の長いノダフジと、房の短いヤマフジ。
植物園では様々な品種をみかけましたが、まずはこれで。

恋しけば 形見にせむと わが屋戸(やど)に 植ゑし藤波 いま咲きにけり 〜山部宿禰赤人 万葉集

恋歌…とおもいきや、霍公鳥(ほととぎす)を恋しいと詠っているらしい。
藤波(ふじなみ)は藤の花が風で波のように揺れ動いているよという、万葉人が生んだ表現なのだとか。


【春の最も身近な花 ツツジ】
公園や街路で多く植えられているツツジ(躑躅)目にする機会も期間も多いので、ある意味最も身近な花かも。
子どもの頃に蜜を吸った思いでがありますが…毒性分があるそうです 汗)

一部の花びらだけ斑点がある場合がありますが、これは昆虫に蜜腺があることを伝える「蜜標」なのだそうです、へー。また、白とピンクが同じ株から咲く現象も時々。

190528_つつじ.jpg

万葉の頃から栽培されていた品種ですが、こちらもまた品種が多種多様でむずかしい〜。
より派手な種が「シャクナゲ」、外国産は「アザレア」とぐらいしか(間違ってるかも)

躑躅色は鮮やかな赤紫色。俳句では「躑躅燃ゆ(鮮やかな赤紫色に染まる様子)
和歌では「躑躅花(つつじばな)=「花のように美しい君」(にほえをとめ)と連なる意味があるそうですが、
ここではあえて万葉集よりこの歌。

水伝ふ 礒の浦みの岩つつじ 茂く咲く道を またも見むかも 〜日並皇子宮舎人

こちらは早逝した草壁(日並)皇子(父:天武天皇 母:持統天皇)の追悼歌。
飛鳥にあった皇子の宮の庭に咲くつつじを詠み、亡き主を忍んでいます。


前回→おでかけスケッチ〜冬から早春の花〜水仙・梅・桃・桜

これらの花のいくつかは、ブラッシュアップして作品として仕上げている所です。
6.11追記:リリースしました
墨絵アートてぬぐい〜2019春夏・藤・山吹・八重桜

前回→墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜

そして最近は部屋に花を飾って写生なども始めました。
出回るのは旬の今だけという話にのせられてw購入した、芍薬(シャクヤク)。大きな複数の花びらに迫力、色や造形になんとも気品を感じます。

しゃくやく0603.jpg

さて、初夏の花といえば、花菖蒲(ショウブ)、紫陽花(アジサイ)、そして百合。
今日庭にお迎えしました。花が咲くのが今から楽しみです。枯らさないよう手入れせねば。


【龍dress】
そして、おまたせしました告知です。
月与志の「龍」墨絵が、女性向けの華やかなドレスになりました。
ファッションデザイナーさまのショップで間もなく販売開始されますので、続報をお待ちください。

月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローイング・スケッチ・ラクガキ

2019年05月23日

墨絵アートてぬぐい〜令和染め

令和〜新しい時代を迎えました。
何かが変わった実感はまだありませんが、少しでも良い未来がくるよう頑張ってやっていきたいと思います。

さて、ただ今「墨絵アートてぬぐい」の棚は、お陰様で令和一色となっております。
この春に新時代の到来、しかも万葉集由来の元号という非常によい主題を頂きましたので、様々なバリエーション展開を試みております。

令和_銀字.jpg

今回、初めて染めを取り入れてみました。

令和_金銀文2.jpg

素朴なムラがでるよう手染めで仕上げ、漢文を描き入れました。

令和_銀字2.jpg

特殊な顔料ですので、光のあたる角度により雰囲気が大きく変わります。
変化の具合もお楽しみ下さい。

令和_梅.jpg

こちらは令和の基になった「梅花の宴」より。
紺のグラデーションを薄く引いて、梅と漢文を入れています。


【奈良と万葉集】
奈良をテーマに作品作りを進めるうちに見いだした「万葉集」少しずつ勉強しております。
万葉集の舞台となった三つの都〜飛鳥京・藤原京・平城京はいずれも奈良県。
飛鳥と斑鳩の里、藤原京と大和三山・當麻と二上山などが身近にあり、世界遺産の奈良公園・古代ロマンの桜井・天理、神秘の地・吉野も少し足を伸ばせばいつでも行けたりします。
そんな身近な土地の魅力を教えてくれる最適なガイドが「万葉集」とはなんと贅沢な事よ。

おおらかな古代の歌、雅で風雅な世界をそこに求めていたのですが…壬申の乱前後の、どろどろとした政争(天智系VS天武系の血族抗争)でなかなか憂鬱な気分にさせられてしまいました。(やっぱこういうの苦手でぷるんす・戦国や幕末の英雄譚が恋しい)いやきっとまだ色々あるのでしょうね…。


よざくら.jpg

こちらは墨染めの「夜桜」水墨のやわらかいムラのある黒です。
こちらも光の具合で、和歌が浮かび上がります。

染めは以前から試してみたい技法でした。
自然が作る偶然のゆらぎ…水墨画や陶芸などにも通じる、作る喜びを感じます。


さて、先日は恒例春の遠征スケッチで、嵯峨嵐山へ。
雅な船遊びが再現された三船祭と、古風な鳥居のある神社へ行って参りました。

嵯峨嵐山01.jpg

また、春日大社 萬葉植物園 藤苑の満開は見事な物でした。
葛城山のツツジも…それら春の花々を作品化したいと思っております。夏が始まるまでには…。ご期待ください。

190522_ふじ.jpg

来上がり次第随時お納めしておりますが、手描きですので数に限りがございます、予めご了承ください。

最新作はSNSにて随時お伝えしております。

Twitter id= tsuyoshi_japan
tumblr→https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/

令和_コーナー組.jpg


墨絵アートてぬぐいにつきまして、詳細は以前の記事をご覧下さい
朱鳥さま 墨絵アートてぬぐいのご案内

月与志|手描き墨絵てぬぐい


前回の作品→墨絵アートてぬぐい〜令和をお迎えする・梅桃桜



月与志site
http://tsuyoshi-jp.com

Facebook Artist page「月与志」
http://www.facebook.com/tsuyoshi.art

tumblr
https://tsuyoshi-jp.tumblr.com/
posted by 月与志(tsuyoshi-jp) at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨絵Artてぬぐい